ここから本文です

ヒクソン・グレイシーは白鵬のエルボーや張り手を難なくかわして、タックルからマ...

don********さん

2019/6/222:15:48

ヒクソン・グレイシーは白鵬のエルボーや張り手を難なくかわして、タックルからマウントポジションになってパンチでボコボコにできますか?

閲覧数:
51
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2019/6/222:56:09

相撲取りで今まで総合ルールで強い人いてますか?!戦闘竜、北尾、安田、曙。誰か強い人いてましたか??

大体にわかのパンチヒクソンに当たらんしいつもながらの展開

ヒクソン組みつく→コーナーでしばらく膝の当てあい→白鳳息切れだす→ヒクソンがこかす→いつもどうり。

100%ヒクソンです。

スタミナとかあるんで。しかも1番大切ですよ。

質問した人からのコメント

2019/6/9 00:08:16

なるほど!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dao********さん

2019/6/612:11:45

できない
ヒクソンは体重差ある相手とそもそも試合しない
勝てる相手とだけ試合した
桜庭と結局試合しなかったけど?

ore********さん

2019/6/611:04:26

30秒で、殺せます。

aon********さん

2019/6/323:29:44

ヒクソンと白鵬が戦うなら、張り手もエルボーも禁止です。
ヒクソンは認めません。
低く構えてぶちかましも反則にするでしょう。
状態を起こし、タックルをしやすい体制でなければならないと要求するかも知れません。
タックルしても倒れなければ、反則にすると要求もするでしょう。

白鵬が万全の体調で試合に臨む事も認めないかも知れません。

ヒクソンは強いのは強いと思いますが、彼の代理人は交渉のスペシャリストの集団で、絶対にヒクソンが負けないルールを要求します。
しかも、どんなルールで試合をするのかは非公表です。
過去に新日本プロレスに挑戦要求をし、長州が対戦を受けた際に、新日本側がルール交渉を公開して対戦が流れてからは、ルール交渉の経過すら非公表を要求するようになりました。

何せ長州相手に、打撃はオープンフィンガーグローブを着用した拳と、シューズを履いていない脛での蹴り以外は全て反則(リキラリアットもストンピングもショルダーアタックすら禁止)で、サソリ固めもブレーンバスターも禁止という『何でもありルール』(とグレイシー側が呼称するルール)を要求していたのがバレちゃったので。

その後、ヒクソンと対戦したある選手は「新日本は異種格闘技戦のノウハウがあるから、ルールを公開した。ウチにはそれが無かったからグレイシー側の要求のどこに罠が仕掛けてあるか解らなかった」と話していました。
ヒクソンはファイターではなく、ビジネスマンとして最強だとも話していました。

sai********さん

2019/6/323:05:56

相撲の突っ張りとか張り手って、あの身体ですから、相当な威力があると思います。

もしそれが本当に当たったら、どんな格闘家でも、2~3発で失神してしまうと思います。

ddt********さん

2019/6/317:54:30

そもそも体重差があるのでタックルで倒せないと思いますし…ますヒクソンは自分が100%勝てるルールでしか試合しない腰抜けです…なので試合当日にルール変えないとボイコットすると脅すクソ野郎です…なのでガチで強いと思ってるのなら頭がおかしい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる