ここから本文です

劇団四季などのミュージカルを観たことない人に

アバター

ID非公開さん

2019/6/616:46:40

劇団四季などのミュージカルを観たことない人に

「劇団四季とかやだ」とか言われるのですが、
個人的な意見でいうと
確かに劇団四季は演技は棒な所はあると思います。
ブロードウェイと比べると日本はレベルは低いと思いますが、日本だけで言えばレベルは高いと思います。
舞台関わってる方でも劇団四季は好きじゃない
と聞くのですが、
なぜ好きじゃないのでしょうか?

少なくとも私はミュージカルに関しては
日本一の劇団だと思っているのですが…

閲覧数:
349
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hij********さん

2019/6/801:58:29

ミュージカルは好きでよく見ていますが、私は劇団四季は好きではないですね。
作品本来の演劇的ミュージカルとは違うんだよなぁと思います。

台詞の聞こえを大事にするための技法なのはわかりますが全部の台詞が同じテンションの四季の母音法ではニュアンスが伝わりません。
台詞は言葉であって「あいうえお」ではないし、言葉を「声」に変換するのが本来の役者の仕事なのですが、台詞を正確に発音することに気を取られ過ぎて心情表現に至っていないです。嫌いと言ったから全部嫌い、ではないですよね?80%の好きをどう伝えるかは声のトーンや間です。

音階が正確なのは立派ですが全曲を同じテンションで歌うのでせっかくの曲のニュアンスが台無しです。ミュージカルの歌は演劇で言うモノローグや場面を見せる意味もあるのですが、そうした変化が見られないために俳優ではなく歌手のソロのようだというのもよくある話。

いつ行っても誰を見ても同じレベルの作品が見られるというのは安定したロングランが出来るということですし、子供が初めてのミュージカルに触れるにはいい場所だとは思っています。
でも、好きな方には申し訳ないのですがミュージカルテーマパークのショーアトラクションのように見えてしまうんです。

劇団四季が上演している作品は作品自体がよく出来ていて満足させられるものですから、演じる者のレベルはともかく高校生の文化祭でも十分「感動」出来るものなんです。それと劇団の価値とを一緒には出来ません。

ミュージカルにはもっと演劇的要素がたくさんあるし役者の個性や感性を共有するという楽しみもあります。劇団四季という「入口」で満足しないでもっと他の舞台をたくさん見てから「日本で一番」を感じてほしいと思います。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/6/807:41:24

    そうですね、
    キンキブーツ とか、
    ほかの作品も観てみたいです!
    ご回答ありがとうございます。

  • その他の返信(1件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「劇団四季」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

dor********さん

2019/6/818:54:12

個人的には劇団四季で上演される作品に好きなものもありますし、好きな役者もいます。ですが、劇団四季が日本のミュージカルで最高!とは思っていません。

劇団四季は自前の劇場を抱えてコストを押え、かつ長期間上演することで利益があがるようにする一方で、チケット価格を安くする企業努力をいろいろとしています。

ただその過程で役者の没個性化が進んだり(個性的な実力ある役者の流出)、ディズニーミュージカルのような客が入る、儲かる演目への偏重、コストダウンするために生オケの廃止などの弊害も多々あります。

役者は機械の部品ではなく、一人の人間です。
作品主義といえばなにか高尚なことのように聞えますが、ようは劇団の都合で役者を勝手に差し替えて、客がこの人のこの役が観たいという希望をもって前売りを買うことを許さないシステムを強いていることの言い換えです。

母音法は、上手く使いこなせるレベルに到達していれば多少の癖はあってもとても言葉が聞き取りやすく良いのですが、習熟する前に舞台にあげられてしまうが故に、カクカクした不自然な台詞回しになるのです。

問題はいろいろあっても、私は前述のように劇団四季で上演している作品で好きなものもありますので劇団四季の観劇は続けていますし、その他の作品も観ています。

ご自身が好きだ!いい!と思われるお気持ちは大切にされていいと思うのです。
ただ、逆に、劇団四季最高!と思う気持ちで、その他をご覧になってこられなかったのであれば、それは勿体ないことかと思います。
エリザベートやレミゼラブル、ミスサイゴンやメリーポピンズ、その他数え切れないぐらい素敵な作品があります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

bar********さん

2019/6/617:07:48

人気なものには、それなりの方針や固定された方向性があると思います。
例えば、ディズニーリゾート。さまざまな他にない工夫が凝らされて、徹底されているからこそ、ファンは数え切れませんが、その"こだわり"が苦手な方も多いと思います。

同じように劇団四季のこだわりが苦手な方が多いのかなと私は思っています。
例えば…
・母音法の喋り方がナチュラルではなく、嘘っぽい(人によってはこの喋り方を気持ち悪く感じる方も)
・アドリブ不可でつまらない
・海外出身の俳優の日本語に違和感がある(そもそも海外出身の俳優が苦手な方もいる)
などですね。調べてみた上で、出てきた意見を書いています。

ただそれはメリットの裏柄(デメリット)でもあるわけです。要は…
・母音法により聴き取りやすい
・アドリブがないからいつでも変わらない舞台が観られる(当たり外れなどが少ない)
・海外出身の歌やダンスのスキルが高い俳優を起用することで、よりハイレベルな作品を提供できる
となるわけです。

ちなみに海外出身俳優については、もちろん日本語のレッスンはしていますし、最初は違和感のあった俳優さんでも着実に日本語が上手くなっていると感じます。
また、海外出身俳優に対する偏見はナンセンスだと思いますし、出ているのはどこの国のどんな人でも良い舞台が観られるのなら良いと思います。
あくまで私の意見ですけどね。

以上の劇団をより良くするためのルールのデメリット部分が嫌いな人・苦手な人を生んでいるのだと思います。
ただし、それはどんなことでも同じですよね。最初のディズニーの例もそうだし、食べ物でも「辛いから嫌」「辛いから好き」とあるように、好き嫌いが出てしまうのは当たり前のことです。

また、劇団四季の組織の固定化、ルール化と言いますか、確固たるものになってるがゆえにあるルールや形が苦手という方もいると思います。自由がないというか、つまらないということですね。
ですが、それがあるからこそ、劇団として自立していけるわけですし、あらゆることを劇団だけで会社として行えるわけです。
会社としてやってるとこが嫌という方もいますが、それはそれですよね。そういう方もいるし、会社化しているからのメリットもたくさんあるし。

長くなりましたが、要は好きな人が多いものにはその逆に嫌いな方もいるし、良い面には悪い面もあるということですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる