ここから本文です

ワインですが赤、白どちらが飲みやすいですか?ワインは冷やして飲むものでしょう...

mav********さん

2019/6/903:04:33

ワインですが赤、白どちらが飲みやすいですか?ワインは冷やして飲むものでしょうか?赤ワインでよく見かけるものは安いものが多いんですが赤は酸っぱい?イメージです。フルーティーとあるもの

は飲みやすいでしょうか?

閲覧数:
29
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

uoo********さん

2019/6/1007:52:18

この回答をあなたに合わすには
あなたの味覚の把握が必要になります。

人により、白は好きだけど赤は飲めない
逆に赤は飲めるけど白は飲めないという
極端な方もいます。

まずは一般的に飲みやすいとされる
ドイツワインの白(やや甘)を試してみてください。
これはよく冷やしてください。

酸味は白の方が強いものがほとんどです。
それを感じにくくするのが低い温度です。

赤を試す場合は軽いものから
(ライトボディと表記されている場合もあります)
重くなるほど渋みもまします。
赤の適温は軽いほど冷やしても美味しく飲めますが(10度前後)
重たいものは冷やしすぎると渋みが前面に出る為
15℃前後~18度くらいまでが適温になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tar********さん

2019/6/910:54:55

飲み易いワインですが、飲み手によります、
赤にも軽め~重め迄、白も然り、辛口~甘口迄選択肢は広い、
ここからは、一般的な情報ですが、
飲む温度、
赤:16℃~18℃
白: 8℃~10℃
赤は酸っぱい、いいえ、酸味~渋みまで幅広い、熟成タイプは、酸味、渋みが円やかになり、複雑な味わいになります、
フルーティーとは、軽めのワインで、酸味、渋みが低く、早飲みタイプに多くみられます、熟成タイプが苦手な人向きです、
お酒に向かない人には、白のやや甘口タイプが飲み易いでしょう。

shi********さん

2019/6/907:04:47

どちらが飲みやすいかは、人それぞれの味覚がありますから、なんとも言えません。
白は皮を除いて、赤は皮ごと醸造するので、赤の方がポリフェノールも多く健康的と言えます。
味わいについては、ブドウを食べるとき皮を剥くか、皮ごと食べるかの違いと似たようなものです。
皮ごと食べるのが平気なら、赤も抵抗なく飲みやすいかと思います。
あとは、飲みながら食べるものの組み合わせです。
肉なら赤、魚なら白というのが普通ですが、個人的には牛肉なら赤ですけど、豚や鶏は白でも良いです(特に鶏は)。魚も鮪や鰹などは赤ワインで合います。
いずれにしても、酔っ払うのではなく、料理と合わせて、より美味しく飲食するのがワイン(その他の酒類もですが)だと考えれば良いと思います。
白は冷やして、赤は室温でといいますが、これはヨーロッパ中心の考え方であって、向こうは日本より涼しいので、それで良いわけです。
日本であれば、赤も冷やした方が美味しいです。
というか、飲みやすいです。
特に飲み慣れないうちは、冷やしてから飲む方が間違いないです。

bhy********さん

2019/6/906:17:11

ワインはには決まり事みたいなのがたくさん有って
ウンチク言い出すと止まらない人も居て
赤は飲みにくい白は飲みやすい
常温だ、冷やすんだ と色々うるさかったりしますが
ワインだって、結局はただの酒、飲み物です。
自分が飲みやすいと思った物を
美味しいと思った温度で
自由に飲めば良いと思います。
自分が美味しいと思えば、それが一番ですから。

shi********さん

2019/6/904:09:55

白です。最初は、甘口のドイツワインを、よく冷やして飲めば、抵抗なく飲めます。ドイツより、最初は、安価なチリワインから、飲み始めた方が、無難です。今なら、アサリのワイン蒸しなどが、ピッタリです。

bor********さん

2019/6/904:08:04

一般的には赤より白のほうが飲みやすいとは言われている。
ただ、癖の強い白も飲みやすい赤もあるので、銘柄による、としか…。

冷やすのは白ワイン。
赤は常温が良い。
これも所詮「一般的には」。飲むシュチュエーションやどういう飲み方をするかによっても大分変わるので…。

赤で飲みやすいかどうかは本当に…もう人によるとしか…。
自分は赤は舌に重くて飲み難いと感じる人間なんだけど、某ワイン講座で飲み比べをして
「赤だけどこの銘柄は飲みやすい」
と言ったら、相当いける口でワイン好きでもある友人2人が揃ってテーブルに突っ伏して
「これは一般的には飲み難い銘柄だ。っていうか実際結構クセが強い」
「君、実はいける口だろう。これを飲みやすいと感じる舌なら」
と右から左から責められたことがある…。
フルーティというより、クセがないものはそのものズバリで「クセがなく飲みやすい」と書いてあるので、そういうのを探すと良いと思う。

某格付番組見てたら、お高い赤ワインほどクセが強くて飲む人間を選び、手頃な価格のものは飲みやすいと回答されていた。(どこで判断したか?と訊かれた正答者が、以前同じ銘柄を飲んだことがあるからと言った人を除き全員「飲みやすくない方を選んだ」と理由を述べてました…)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる