ここから本文です

「敵に塩を送る」ということわざがありますが・・・ このことわざ、結局「送った側...

gom********さん

2019/6/904:28:00

「敵に塩を送る」ということわざがありますが・・・

このことわざ、結局「送った側」と「送られた側」はどちらが勝利したのですか?

なんとなく今川氏と武田信玄が云々という話しか知らないうえ、日本史にもとても弱いので教えてほしいです。

正直言って○○氏とかいうの名前は知ってますが誰と誰が敵で味方なのかもよくわかっていないので・・・

閲覧数:
85
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rdm********さん

編集あり2019/6/905:48:43

「敵に塩を送る」 → 戦国時代、駿河・遠江(静岡県)の今川と相模・武蔵(神奈川県・東京都)の北条の両氏から甲斐・信濃(山梨県・長野県)を領国とする武田信玄が、経済封鎖によって塩の流通を止められました。そこで領内で塩不足が深刻になり、領民が困窮していたとき、宿敵関係にあった越後(新潟県)の上杉謙信が武田信玄に塩を送って助けたという故事に基づくものです。

意味としては『敵対関係にある相手であっても、人道的な分野については援助を与えること』

どちらが勝利?→ 歴史上の解釈では、塩を送られた武田氏は滅び、塩を送った上杉氏は存続した。因みに塩を止めた今川氏と北条氏も滅びました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

iik********さん

2019/6/916:29:52

このことわざはめっちゃ有名なんで、かえって安易に使いにくいムードもありますね。

まず、皆さんの回答でわかるように、「敵」と言っても、その当時、直接敵対していた敵ではないという事です。

「送られた」武田は山梨、長野の大名でしたから、いろんな意味から「海」を求めて北に南に争ったことがあります。
んで、この逸話の時代の敵は、南・太平洋側の、東京、神奈川の「北條」と、静岡、愛知の「今川」でした。
日本では、「岩塩」の産出はほとんど無いので、塩は海から得ていた訳ですが、要するに「太平洋側」と敵対して塩を止められた「中部」を、その時代には友好的だった「日本海側」の「上杉」が助けてくれた、ということです。

この辺の、「武田」「北條」「今川」と「上杉」の敵対関係は、くるくる変わりますから、「日本史大好きです!」と言う奴100人いても、正確に把握している奴は5人くらいですから、あんまり考えず、この時はこういう関係、という理解で十分です。
更に言っておくと、これに遡る室町期からの「関東の争乱」となると、1人いるかどうかで、私はこれを解説できる人は無条件で尊敬してしまいます。

ともかく、だから、直接の敵対関係ではなかったので、ここでの「勝敗は無し」ということです。

さらに、イメージを補っておくと、そもそも「武田」が塩を止められたのは、太平洋側が結んでいた3国同盟を、名君だった「今川義元」が「織田信長」に討たれてしまったのに付け込んで裏切ったからです。
まあ、戦国時代、そんなものでしょうが、それでも、ちょっと露骨?ってとこだった訳です。

さらに「塩を送る」と言っても、贈物した訳でなく、単に「封鎖」に同調しなかっただけ、これによって越後、新潟の商人は大儲けしたはずです。
ことわざでも「贈る」ではなく「送る」ですよね、語源を理解すれば「誤字」も防げます。

ただ、「上杉謙信」は「義の武将」として有名だったので、この逸話も意義を増したとも言えます。

しかも、「塩」というのは、日本では比較的身近な安いもの、みたいな感じがありますが、実際には生存に不可欠な根源的物資なんで、「塩を止める」というのはかなり凶悪な行為になる訳です。
塩分の少ないアフリカ大陸では、数少ない塩分湧出地では、肉食動物も草食動物を襲わないという話があるくらいで、「塩止め」はジェノサイドにも準ずるイメージもあります。

また、ちょっとした逸話ですが、この話の舞台となる甲府、山梨県は、海なし県として、中世の頃から「海産物」に対する憧憬も強いと言われ、「煮貝」という醤油漬けのアワビが伝統料理になっていたりします、京都のハモ料理みたいなものですね。
さらに、現代でもマグロの消費量が、代表的水揚げ地である静岡県に次いで2位となっています。

この話は、そういう今にも続く物流の経路を切ったという深刻さもわかる訳です。

まあ、ことわざの使用では、全てのこうした関係をトレースしなければならない訳でもないんですが、このぐらいの関係を把握しておくと、うるさい歴史好きに茶々を入れられることも無く、誤用も防げると思います。

dok********さん

2019/6/912:18:23

敵に塩を送る、ということわざは勝負事ではありませんので勝者も敗者もいません。
最終的に塩を送った上杉が生き残り、送られた武田は後に織田、徳川連合軍に滅ぼされました。
甲斐、信濃の武田信玄が駿府、遠江の今川と相模、武蔵の北条から塩の輸送を止められてました。
武田の領地は海に面しておらず、塩は他国に頼るしかなかったです。
武田、今川、北条もライバル関係でした。
塩を止めた今川は織田信長に滅ぼされ、北条は豊臣秀吉に滅ぼされました。
武田信玄最大のライバル上杉謙信は今は信玄と戦っておらず、甲斐や信濃の領民まで苦しめるのは良くないと思い、敵に塩を送ったとされています。
でもこの逸話は事実ではなく、商人からひそかに塩を売ってもらったと言われてますが、上杉謙信の人物像を語るにはピッタリのエピソードです。
北越軍記によれば上杉謙信は武田信玄死去の報を聞くと、「惜しい大将が亡くなった、信玄は英雄」とまで称えています。
甲陽軍鑑によると信玄は死を迎える前に、「上杉謙信と戦ってはならん、あの男は頼むと言えば助けてくれる男」とまで遺言したとされています。
お互いに何度も死闘を演じた者同士なので認め合ってました。
だから敵に塩を送る、と言うことわざまで生まれたのだと思います。

gri********さん

編集あり2019/6/908:13:35

甲斐 信濃(現在の山梨 長野)の海に面していない武田信玄が三国同盟の一つ今川氏との同盟を破棄した時(今川義元が桶狭間で死んだ後)に、三国同盟の今川氏真と北条氏康が太平洋側からの塩を止めて武田信玄を苦しめた時に越後(新潟)の上杉謙信は武田信玄とは敵対関係にあったにもかかわらず日本海側からは塩を止めなかった。(武田信玄と上杉謙信は川中島で何度も戦った宿敵同士です)
正確には塩を送った訳ではなく塩の流通ルートを止めなかった。と言われています。
これが後に「敵に塩を送る」という話になります。
↓参照
https://rekijin.com/?p=19471
元同盟国に塩を止められた武田信玄が敵対関係にあった上杉謙信に助けられたというものです。
武田信玄と上杉謙信は川中島で何度も戦いますが勝負はつきませんでした。
有名なのは第四次川中島の戦いと言われるものです。
武田信玄は織田信長包囲網を敷き西上作戦を行い徳川家康(松平元信)を三方ヶ原で惨敗に追い込んでいますがその後作戦途中で亡くなっています。(結核だったと言われています)
武田信玄の死後 上杉謙信も上洛作戦を行おうとしますが作戦前に亡くなっています。(脳卒中だと言われています)

それから後の話では武田家(武田勝頼)は織田信長 徳川家康の攻撃で滅亡しています。(穴山信君が武田性を名乗りましたが3代続きで不幸があった為、それ以上は家督は継げなかったそうです。武田信玄の異母兄弟はその後も生き残りました)
上杉家は上杉景勝が上杉家を存続させています。(謙信の息子ではなく甥で養子になります)
北条家は豊臣秀吉に責められ氏康の息子 氏政は切腹、ですが北条家は大減封ですが1万一千石の大名として存続します。
今川家(今川氏真)は徳川幕府になると朝廷(天皇側)との橋渡し的な役割である高家となります。

追記)武田勝頼は上杉景勝と同盟を結びますがその時に武田信玄の娘 菊姫が上杉景勝の正室として嫁ぎます。
残念ながら上杉二代藩主は正室である菊姫との間の子ではありませんが、【武田氏滅亡時に菊姫の縁を頼って上杉家に逃れてきた信玄の七男(六男説もある)で菊姫の異母弟・武田信清とその子孫は、上杉藩主親族の高家衆筆頭として優遇され、幕末まで続いている。また、真理姫の孫にあたるという上松頼母義次も、母が信玄の外孫であるとして母ともども上杉家に召抱えられている(『上杉家御年譜』より)】の記述がありますので、武田信玄の家系も滅亡せずに残っています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

zxd********さん

2019/6/904:47:23

たとえ敵でも、困ったときは助けてあげよ、そうしたら自分に返ってくるという意味ですね。

私の認識では、上杉謙信が武田信玄に塩を送ったと思います。
上杉謙信と武田信玄の争いは決着がつかず、両者とも織田信長に攻め込まれ、武田は消滅、上杉は織田の配下に下りました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる