ここから本文です

出川の電動バイクで、バッテリーを「カセット交換方式」にして、ガソリンスタンド...

kum********さん

2019/6/1108:57:09

出川の電動バイクで、バッテリーを「カセット交換方式」にして、ガソリンスタンドで販売することは出来ないでしょうか?

つまり、GSにて、ガソリンの代わりにカセットバッテリーを入れ替えるのです!?

閲覧数:
377
回答数:
22

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iri********さん

2019/6/1617:20:37

それが実用化すれば電動バイクはもちろん
EV車も一気に普及するでしょう。
と言うか、それが実用化されない限り、
EV車の普及は無いと思っています。
たた、番組としては地域の人と絡む理由が
無くなってしまうので成立しないでしょうが。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/6/18 08:26:29

皆様貴重なご回答ありがとうございました。!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/21件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

w80********さん

2019/6/1617:01:03

バッテリー液補充型のバッテリーがすでに実験では成功しておりますね。

問題は流通です。

カセット式でもなんでも補充できるならカセットボンベ式でも問題はありゃへん。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kaw********さん

2019/6/1313:41:13

台湾じゃ普通にそうなってるよ。
国内の数百カ所にバッテリースタンドがあるそうだ。
便利だけどそうなったらあの番組は成り立たなくなるね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

upp********さん

2019/6/1313:26:01

昔の瓶詰めジュースと同じ発想かと思いますが、販売となると色々問題になる。
(コアの所有権を誰に置くかが問題)

月々の使用料として、インフラ設備化とするなら可能ですが、そこまでの需要があるかどうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

lay********さん

2019/6/1313:00:11

現在普及した携帯電話は、基本料金が7万円位で端末代金が数十万の頃には、裕福層か一部の非社会勢力団体の上層部位しか所持していませんでした。

普及のきっかけは、携帯電話経営会社の当時のNTTドコモ・各セルラー(移動も入れて)とデジタルホンの3大会社が、販売報奨金をつけて、顧客に端末を無料で契約手数料不要で配っても代理店は儲かるという仕組みで最初に定着させました。

ですから、ヤマハ発動機も、充電式の二輪を普及させようとして、携帯電話のように最初に【車両の無料試供】のようにして、まずは本体を普及。

そして、本体の充電需要のために電池販売やレンタルの業者を増やすという順序とか、初期のPC用プリンターのように、機器本体を赤字で安価に売っても、消耗品のインクの販売で利益がとれるような。

消耗した電池を下取り交換するというリサイクル事業で利益が取れるようなビジネスをすれば良いと思うのです。

ただ現状では、持続距離が極端に短く、充電二輪車の需要がない(特需がない)これを、
都市部の一部地域では、電動二輪車しか認めない(過去ディーゼル車を都市部で排除したように)の特需施策をすればなんとかなるんではと私見では思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

del********さん

2019/6/1118:11:37

四輪だと
以前やってたけど失敗に終わったんだよね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる