ここから本文です

オーケストラではどの楽器が主役とかありますか?ピアノですか?

アバター

ID非公開さん

2019/6/1117:06:15

オーケストラではどの楽器が主役とかありますか?ピアノですか?

また何軒かよく行くライブバーの話ですが、ピアノと他の楽器がデュオされる時、「バイオリンAさん、ピアノBさん」のように、必ずピアノが後に書かれています。

オーケストラとライブバーでは話が違うかもしれませんが、また楽曲によっても異なるとは思いますが、一般的にピアノはどういう立ち位置なのでしょうか?

閲覧数:
87
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iki********さん

2019/6/1703:26:01

>オーケストラではどの楽器が主役とかありますか?ピアノですか?

特にどの楽器が「主役」かは決まってはいません。

「主役級」に活躍するパーツは色々とあります。

ピアノではないことはたしかです。

これはピアノを阻害しているからではなく、ピアノは通常のオーケストラ編成には入っていない場合がほとんどだからです。

オーケストラのメンバー表を見てもピアノ奏者が載っているのは世界的に超一流で大規模かつ予算があるオーケストラに「ほぼ」限られています。

オーケストラ独自でピアニストを雇用していない場合がほとんどなので、ピアノが必要な曲があれば別途エキストラを雇うか、ごく希にですがピアノが重要な役割ではない時に鍵盤楽器を演奏できる打楽器奏者などが担当することがあります。「ごく希に」です。一般的にはピアニストを呼びます。




>ピアノと他の楽器がデュオされる時、「バイオリンAさん、ピアノBさん」のように、必ずピアノが後に書かれています。

慣例的に鍵盤楽器特にピアノは最後に記載される例が多いですね。

誰かが決めたというわけではないようですが、多いのはオーケストラのスコアの上から順番に、、という場合もあります。

何かの楽器とピアノのデュオならばほとんどの場合が、楽器、、ピアノ、、と記載されます。

慣例です。

世の中の多くのクラシック音楽の場合、ヴァイオリンソナタならば大抵はヴァイオリンとピアノです。

最初にヴァイオリニストの名前が記載され、ピアノ伴奏はその次に記載されます。

よほどの大家などの埋もれた録音が発掘されれば逆転現象はあり得るとは思います。

とはいえ別にピアノが下に見られているわけではありません。

誰かを先に書けば誰かを後に書かなければならない、それだけの理由です。優劣とも無関係です。

ただしピアノトリオなどとしてのユニットならば、真っ先にそのピアニストが記載される場合があります。

特にジャズシーンに於いてはその傾向が強いです。




>一般的にピアノはどういう立ち位置なのでしょうか?

クラシック音楽に於いてピアノ協奏曲ならばその曲の主役となります。

クラシック音楽の場合に於いても、サンサーンス:交響曲第3番ならば連弾でオーケストラに参加するひとつの楽器になります。

ピアノはソロ楽器としても、伴奏楽器としても(非常に重要)、アンサンブルやオーケストラに参加する楽器としても、広いジャンルと編成に於いて活躍できる楽器です。

ピアノ発明以降、過去の作曲家がそのように作曲し、近代・現代に於いてもその役割は大きいという意味合いもあります。

これだけ幅広いジャンルに同じ楽器が登場するのは非常に希とも言えます。

例えばトランペットはクラシック音楽でもジャズでも使いますが、楽器のボアサイズやマウスピースなどが異なる場合がほとんどです。

同じような楽器でも仕様が異なります。

ピアノの場合は音の調整などは行うものの、同一の楽器でクラシックもジャズもポップスも演歌も全て演奏可能です。

そういった意味では立ち位置は幅広いと言えます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mur********さん

2019/6/1414:34:15

ピアノや、ハープが有る曲は少ないですね。

大曲は、ピアノが2台、ハープが2台と言うのも有ります・

普通のオケの曲で、どの楽器が主役という物はありません。

コンチェルトの時は、その楽器が主役になるのは当然ですが、後は作曲家の意図するところが大きいです。

ポップス系の曲は、奏者全員が、楽譜を見ながら演奏するというのは少ないでしょう。

ビックバンドは別ですがね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

orp********さん

2019/6/1410:41:47

オーケストラは弦楽器、管楽器、打楽器(木琴など鍵盤打楽器含む)から成ります。したがってオーケストラにはそもそもピアノはありません。

オーケストラの主役は弦楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス)で、その中でも特にヴァイオリンです。

>一般的にピアノはどういう立ち位置なのでしょうか?
本来のオーケストラにピアノはありませんが、ピアノ協奏曲のようなピアノ付きのオーケストラのピアノは、「ゲスト」です。立ち位置で言えば、「オーケストラと対等」です。

なお、オーケストラではなく「ピアノ伴奏付きヴァイオリンソロ」であれば、当然ソロのヴァイオリンが主役、ピアノは伴奏です。
>よく行くライブバー
はこのようなものでしょう。

「ヴァイオリンソナタ」の場合は、ヴァイオリンがメインでピアノが伴奏、対等、ピアノがメインでヴァイオリンは助奏、などいろいろあります。

なお、クラシックでは通常、
高音単旋律楽器→低音単旋律楽器→和音楽器
の順番で紹介されます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

llv********さん

2019/6/1122:45:59

>オーケストラではどの楽器が主役とかありますか?

旋律を比較的多く担当する楽器を主役とみなしてよいかと思います。曲によって変わりますが、少なくとも18世紀あたりでは、弦楽器を主役にする曲が比較的多かったです。

>ピアノですか?

オーケストラでは、ピアノは脇役です。ピアノが主役になると、たいていはピアノ協奏曲と呼ぶことになります。

>必ずピアノが後に書かれています。

その時代の慣習や、作曲者の楽器の扱い方、あるいはどの演奏家を主役にみなすかなどで、呼び名や楽器紹介の順序が変わりますので、出演者の紹介を読んだり演奏をよく聴いてみてください。

ちなみに、「私は、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタは、むしろヴァイオリン付きピアノ・ソナタだと思っております」と書いている人がいらっしゃいますが、当時はもともと「ヴァイオリンの伴奏を持つピアノのためのソナタ」という慣習で呼んでいましたし、そう感じるように作られていた曲も多かったはずです。が、クロイツェル・ソナタのように、一方を伴奏とみなすには問題がある曲もあります。結局、いろいろなのです。

sim********さん

2019/6/1120:01:04

オーケストラでは、カスタネット1つ叩くにも、それまでにきちんとした音楽の専門教育を受け、
並みならぬ練習量を必要とします。

すべての楽器が主役であり、平等であると思って下さい。

その証拠に、プロのオーケストラは楽器の種類関係無く、同一年齢・同一賃金です。

ヴァイオリン、ピアノと紹介されたのは、アイウエオ順とでも思って頂ければよいでしょう。

ベートーヴェンは10曲のヴァイオリン・ソナタを作曲しておりますが、
私は、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタは、むしろヴァイオリン付きピアノ・ソナタだと思っております。

お聴きのとおり、ピアノが主役だと思う部分がたくさん出てきます。

ベートーヴェン/ヴァイオリン・ソナタ第5番ヘ長調作品24「春」
ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)、マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
(1987年録音)
https://youtu.be/iScgtiQUvjE

fen********さん

2019/6/1119:13:41

ピアノはおーけすとらにはふだんは
ないですね

だから
異物

おーけすとらの主役はバイオリンとチェロです
なぜなら
人数的に多いからですね

あとシンバルも一瞬注目を集めるので
偉い

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる