ここから本文です

神社の神様で、○○のミコトという神様がいますが、○○命と書く場合と、○○尊と書く場...

アバター

ID非公開さん

2019/6/1121:51:51

神社の神様で、○○のミコトという神様がいますが、○○命と書く場合と、○○尊と書く場合があります。

どうちがうのですか?
使い分けはあるのですか?

補足みなさん、回答ありがとうございます!古事記と日本書紀で表記が違ったり、同じ神様でも神社ごとに異なることがあるようです。たとえばヤマトタケルノミコトは、日本武尊と書くことが多いようですが、もし日本武命と書いたらどうなのか。ほかの神様も、尊か命か分からないときに、間違ったらどうしよう、と心配になっての質問なのですが、そのあたりはいかがでしょうか?

閲覧数:
28
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/6/1207:23:00

命よりも尊の方が格式が上とか、皇室関係という分類がありますが、例外もありますし、どちらも使用する場合もみられます。

ところで、現代の神道では、神式葬儀を行った場合、個人に神霊号が授与されますが、下記の約束があります。

■尊号=皇族や陛下、旧皇族のみ。

■尊号=皇室関係以外。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

尊と命、みことは三事の頭首腹の三位の見事な働きを指す。神示は同じであるが別方向から見てより詳細で深い意味が解るようにとして設けられているのです。

人間の目的は種である勾玉を真珠にすることによって天国に収穫される、自分での腹の中自分を育てて出産、誕生、させることで、イエスの母マリヤの処女懐胎、神の子を孕んでイエスを産んだことで譬えられています。つまり人間は皆妊婦生活をしているということです。妊婦に悪阻は不可欠で、この戦いをの手引書が宗教なのです。そしてこれは人間が子供から大人に育って翁となる、年齢を重ねることでも譬えられています。

体(殻田)を作ってから実魂をつくる=物主文化の産業革命で花を咲かせ、花を利用して実魂を結ぶ、武士道の霊主文明の二期,二波を取り結ぶかしわ手を打つ神道の教えでもあります。、これは夏→秋、商人世代→侍世代、夜→昼、でバビロン(場美論=物品主義)捕囚から抜け出ることが重大案件なり、です。

真珠の湾曲を攻撃する、攻撃のテクニックが図示されているのが尊で命の字であります。

人間は頭首腹の三位で構成されており、アダムの精神で腹の虫の蝮(エバ穢場)を治める戦いによって育つもので、考えて神に帰る。頭と腹を結ぶ戦場が首でネックなりです。地球大陸も人の形をしておりカマラと名付けましたが。中東が首に位置し世界の戦場であり、アブラを巡っての戦争はアブラハム)(食む)で、あ阿間(女)のぶらつき(怠け心=商人根性)の咬み合いである、世界のトラブルは個人のトラブルの譬えであるのが宗教です。ここに救いがあります。世界は変える事はできないが、自分を変えることは即座にできる。
尊も命もそして神大神も夫々に委ねられているものです。

魂は鬼にものを云わせることによって、産まれる成長する、精神の好敵手の鬼を作ること、こと、これが子供時代で餓鬼時代で、食うことに鬼なり=物品幸福論、腹の虫の蝮のユダ、商人世代です。
商の字は光にI(愛、天意、自分)がない、で、あきない=、殻ばかりで実がないので収穫の秋には風に飛ばされる、集めて火に焼かれる運命であると書かれています。

商=西(ウエスト=廃物廃人=ルーズベルト=マン破綻計画)→西に日意の愛(I=一位)迎える→酉になる、天の素粗(ソ)を酉(鶏)として受け止める=寸、胸に十字を迎えて種、卵の主を抱く

命=マイナスの考えを叩く(反省悪阻)ことが天に旅する人の道である=食,良い(GOOD→GOD)ことをして天に向かう買う

天国の鍵、漢字,地理、歴史,高麗犬、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ

尊と命、みことは三事の頭首腹の三位の見事な働きを指す。神示は同じであるが別方向から見てより詳細で深い意味が解るよう...

徳蘭さん

編集あり2019/6/1122:58:47

神社神道では命(みこと)、尊(みこと)、神(かみ)、大神(おおかみ)などありますね。

神職のお話では、人が亡くなるとまず家の神として護ることから始まり、30年、50年、100年と、神様の位があがっていくのだそうですが、神葬祭では俗名に命(大人命、刀自命、彦命、姫命)の命名(みことめい)です。

古事記に登場する神名でもふたつがありますが、尊のほうが位が高い、あるいは身分のある神様のようです。

例えば瓊瓊杵尊は木花咲耶媛と結婚した同時代の神様ですが、瓊瓊杵尊は天照大御神の孫神で天孫、木花咲耶媛は国津神の娘という差があります。

伊邪那岐命の禊で同じ時に生まれた天照大御神と月読命も違いますね。太陽神と月の神の違いがあります。

また、天岩戸神話で踊った天宇受売命(あめのうずめのみこと)は天照大御神を岩戸から出す時に働きますが、天宇受はいわゆる神憑りの女性を神格化したものとされています。

神社の御祭神に関しては、神社が紹介している御祭神名で覚えてください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tra********さん

2019/6/1122:39:08

日本書紀では偉い人には「尊」、古事記では「命」で統一してるようです。

類似する過去の質問と回答です。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q148171511...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる