ここから本文です

JRのリフレッシュ工事って、ほんとに何か工事をやってるんですか?

bun********さん

2008/11/2413:18:38

JRのリフレッシュ工事って、ほんとに何か工事をやってるんですか?

ときどき、ものすごく疑問に思うのです。

たとえば先日も、
横須賀線の逗子~久里浜間や中央線中野~三鷹間で
リフレッシュ工事のため昼間運休、ということがありましたが、

私の拙い記憶では、たとえば、
・横須賀線の大船~逗子間
・東海道線の横浜~大船間
・京葉線の新木場~蘇我間
なんて区間でリフレッシュ工事をやります、といった予告は
見たことも聞いたこともありません。

また、他の民鉄、京成とか西武、東武、小田急、等々で、
こうした工事の話を聞いた記憶もありません。

工事するなら、駅構内設備や車両基地などの関係もあるので、
ほんとうに工事が必要な区間だけでなく、前後を含めた
それなりの区間が運休になる、というのは理解できます。
それにしても・・・。

逗子~久里浜なんて、この5年くらいの間に3回くらいは
工事運休しているような印象があるものですから。

真っ昼間なので工事区間に見学(?)に行けるわけもなく、
とっても不思議に思っているのです。

事情通の方、教えてください。

閲覧数:
23,281
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wad********さん

2008/11/2414:00:10

単純に、夜間の通常保線間合いでは出来ない作業をやる。
山手線などは、終電が1時近くなり始発も5時には動いている。その中で保線基地から保線箇所まで移動・作業準備・作業・撤収作業・保線基地まで撤収を終えなければなりませんから。

その為、並行路線があり輸送力を確保できる路線(山手/京浜・中央快速/中央緩行・総武快速/総武緩行など)は、片側を止められますが、末端区間で昼間に輸送力が必要無い路線(横須賀線)は、代行バスや振替輸送で済ませます。

主に工事の内容は、省力化軌道(セメントなどで枕木を固定しているやつ)や、架線柱・架線の張り替え、ポイントの交換などを集中的に行います。

ちなみに検査は、East-ieで定期的に検測をしているので、現場で行うのは軌道交換後の平行や間隔、カントなどを測定している物です。

質問した人からのコメント

2008/11/29 09:53:49

抱きしめる 夜間に保守工事をやるのは当然という理解はもちろんしていましたが、
「リフレッシュ」などと称して仰々しく目立つから、誤解していました。
いろいろな理由で昼間に保守できるならその方がいい、ということで、
やっていることは夜と同じだったのですね。
よく理解できました。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nom********さん

2008/11/2413:33:53

作業は、線路等の設備のメンテナンスでしょう。

他の路線は(昼間にとめるわけにいけないので)夜にやっています。
横須賀線(逗子より先)の場合、(事前に予告することで)昼間であれば、(本数も少なく、乗客も少ないため)影響が少ないとおもわれ、工費が安くなる昼間に工事をするのでしょう。

ser********さん

2008/11/2413:27:06

おもに線路の検査を行っています。その他、バラストの散布なんかもやっているはずです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる