ここから本文です

長期投資(資産運用)の勉強法についてです。 私は来年から社会人になる大学生...

tak********さん

2019/6/1300:38:50

長期投資(資産運用)の勉強法についてです。

私は来年から社会人になる大学生です。資産運用の大切さに最近気づき、将来的にも預金ではなく、多様化したポートフォリオで資産運用を行おうと思っております。

株や投資信託、REITなど様々な金融商品がある中、正直現在、右も左も分からず、資産運用に関する勉強の大切さに痛感されられている現状です。

私の最終ゴールといたしましては、

・年率4~7パーセント程度の利回りを実現
・長期投資のみ(fxや短期トレードは一切しない)、複利で資産を増やす
・日本のみならず、成長市場などにも投資をし、多様化されたポートフォリオを持つ

以上の3点です。

これを実現するために今必死で勉強をしている段階なのですが、勉強法はどういったものが効果的でしょうか。

私は決して楽をしようと考えている者ではなく、しっかりとステップを踏んで能力を身に着けていこうと覚悟している身でございます。

素人で、大変恐縮ではありますが、どうかよろしくお願いいたします。

閲覧数:
353
回答数:
10
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

へたろうさん

2019/6/1812:14:08

資産運用以前の話として、病気やリストラに備えた生活防衛資金を確保することが必要です。従って貯蓄を行うことを前提に、長期・積立・分散という基本に従って資産形成することになります。
初心者の勉強としては、投信ブロガーとして有名な水瀬ケンイチさんの著書「お金は寝かせて増やしなさい」を読むことをおすすめします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「資産運用」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

あがく人さん

2019/6/1917:36:00

ケインズの近代経済学を勉強する。

ケインズ自身の投資の経験から編み出された、美人投票の法則を、投資に取り入れるとよいでしょう。この法則は今でも生きています。

近代経済学は、今でも、研究対象として有効だと思いますよ。

ysh********さん

2019/6/1508:43:24

「これを実現するために今必死で勉強をしている段階なのですが、勉強法はどういったものが効果的でしょうか。」とのご質問ですが、
基礎知識として身に付けた方が良いのは「証券アナリスト」の勉強でしょう。

「証券アナリスト」の勉強には、投資の基礎知識がふんだんに盛り込まれています。専門家の話には、この基礎知識を前提に議論している場面が沢山あります。「専門家が、何を言って、何を問題点だと思っていて、何を主張して、どうすれば解決できると言っているのか」を理解するための基礎知識なのです。

私が勉強した昔は、通信教育のテキストの中身が滅茶苦茶で話にならず、外部のスクールに通って勉強しましたが、かなり時間が経っているので、滅茶苦茶なテキストは自然淘汰されていると思っています。

体系的に、重複することなく、抜けることなく全体像を勉強できると思いますので、是非チャレンジして欲しいと思っています。

そして、学問的に知識を習得した上で、最終的に、ご自身に合った運用を選ぶのがベストでしょう。
場合によっては、「シンプル イズ ベスト」で、とてもシンプルな運用と成るかも知れませんが、知っているのと、知らないのでは雲泥の差となると思っています。

個人的には、一番儲かる運用は「バイ アンド ホールド」だと思っています。
例えば、昭和30年代に「トヨタ」や「ホンダ」の株を勝った人が、かなり儲かっていると思っているのです。今後成長する企業・マーケット・国の中から有望な銘柄を幾つか選んで、分散投資で「バイ アンド ホールド」が良いと思っています。

如何でしょうか?

sky********さん

2019/6/1411:03:47

まだ資金がないということで、考えることが力になります。
実践の前に何ができるか?心の準備を先に考えて回答してみます。
(当たり前すぎる内容ではありますが、一回りしてます。)


●世界が、二枚舌、両天秤、力バランスで動いていることをよく理解すること。

●日本語のみならず、英語(中国語)の世界ニュースを毎日リアルタイムに見ること。

●同じテーマの記事でも、有名ニュースサイト、現地サイトでは取り上げ方によって内容が異なる(視野が変わる)ことを理解し、本音(本当に起きたこと)とパフォーマンス(アピール)の差を理解し、どうしてそうしたいのか?だれが世論を動かしたいのか?を考えること。

●人間の行動には100対0のような絶対は少なく、60対40にでも心が傾けば行動(投資行動)に繋がるということ。


長期投資で考えた場合・・・
どの市場、テーマ、国を買うのか?というどんぶりというか、方向が最重要になります。

株式を含め、力がある投資家は木を見ないで森を見ます。
会話をしても話題は方向性ばかりです。
方向さえ間違えていなければ儲かることは容易だから。

どの場所に森が茂るか考える・・・森の中の木は、スキルがあれば簡単にわかるから(森を見ず木を見る という言葉もありますが)

(相場環境が良ければ素人でも儲かるという意味合い。相場環境が良くなるタイミングに入れるように嗅覚を鋭くする)

長期投資になると、自分の人生・子どもの人生も関係してきます。
地球温暖化(天候不順、海面上昇)、天災、国のパワーバランスリスク(戦争)、資源獲得競争

米日中国の株式、不動産市場の他、リスクを取りにゆく場合を考えて新興国も実際に旅行で見に行くのも良いと思います。


米国債を買いなさい、アメリカ株を買いなさい等というレベルではなく、もっと大局的にする会話は楽しいのですが、普通は直接話して盛り上がるような内容なので

●株式投資家の集いに参加する

ようなこともされてよいと思います。参加条件は色々ですが、興味がある人でもウェルカムのような会に。
間違えて、単なる投資家の集いに参加すると、マルチビジネスなどの投資話ばかりになってしまうので、株式⇒不動産の集いに行き、いろいろな人の会話を聞くこと。


簡単に一部分を書いてみましたが、ではお前は何をしているのか?と言われれば、まだ途中ではありますが

国内外の株式、REITに投資
国内外の不動産に投資
国内外のビジネスに投資(農業等)
ファミリートラストで資産管理


(これらは、伸びる可能性、国のリスク分散を兼ねています。数十年後には世界がどうなっているのかわかりませんので。)

長期投資

リスク分散、世界規模の視野

生活圏のリスク、子孫に継続させる思考

もちろん、自分が死んではどうにもならない

利回りに関してですが、質問に書かれている4-7%は誤差の範囲内だと思います。
利回り中心に考える投資、値上がり益・収益を考える投資をバランス良く考えて資産配分しましょう(本当は資産を散らしすぎるのは弱気マインドなのですが)

市況が良い時は、利回りではなく値上がり益中心のポートフォリオ、市況が悪くなったら利回り中心のポートフォリオなど、資産バランスも楽しく考えて人生を楽しみましょう。

最後に
「あり得ない」「絶対」という決めつけるは「あり得ない」です。
世の中には凄い人が沢山います。
年間利回りの目標を書かれていましたが、現実に年間利回り数割以上の人も沢山いるわけです。
金額が増えすぎると才能的に頭打ちになったり(自分(汗)、飽きたり、リスク考えて止める人もいますが。
自分が知っている範囲内が全てとは思わないこと。

最初に書きましたが、ニュースに書かれていることが全て正解とも思わないこと。
記事に書く人は読む人よりも早く情報を得ている(儲けるチャンス)
書き手が本当に利害無しの中立の立場にあることが少なくなっている。


●情報格差がある中、カモる側の思考に寄り添い、カモられる側に極力ならないこと。
企業より強い国、国より強い企業

スイスで1兆円の家が売られていましたね。自分の知らない世界は沢山ある。


長期投資が、どこまでの長期なのかわからないので自分の最終の方向性を書いてしまいましたが、例えば結婚するまでなど、十数年後までであれば回答に書いたような部分まで考えることはないと思います。

ただ、三十年前に今の生活、利便性、トレンドを予知することは難しかったと思うので、今から三十年後の世界がどうなっているのかを先読みするのは困難であり、逆に先読みできないからこそゆっくりと種銭を増やすのではなく、最初は集中テーマ投資してお金を貯めてから分散投資などの人生設計を考えないといけないかもしれません。

★私の中での長期投資は、子どもの代以降も資産とDNAを残すことなので。

nai********さん

2019/6/1319:50:05

投資には明らかな不正解(例えば、毎月分配型投資信託、外貨建て個人年金保険)は存在しますが、明らかな正解は存在しません。
リスク分散やらボラティリティやらを必死に考えたポートフォリオも雑に組んだポートフォリオも長期的には年率0.5%も変わらないと思います。
失礼ながら、若いうちは投資に回せるお金も少ないだろうし、投資をあれこれ考える時間があれば仕事を頑張って収入を増やす努力をする方が100倍有意義だと思います。

というわけで、あなたのような人には山崎元著の「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 」という本をお勧めします。
投資初心者の方向けの本で、この本の通りにやれば100点満点中80点ぐらいの投資ができます。
そして、80点の投資を100点の投資にするための努力をするよりは、仕事を頑張ってください。

余談ですが、最も投資効率が良いとされる株であっても市場平均では年率5%程度の利回りです。
そして、ご存じかもしれませんが、投資のプロであっても市場平均を超えることは極めて困難です。
そのため、長期的に年率7%の利回りというのは常人には基本的に不可能です。
年率5%を超える商品があれば相当リスクが高いか詐欺だと思った方がいいです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

bli********さん

2019/6/1312:05:43

資産運用は難しいことではありません。

★資産運用のビギナーさんは下記サイトを熟読すること。
http://noload.558110.info/indextoushi-hajimekata.html

勉強したら・・・積み立てNISA、IDECOという口座を開設し、投資信託を買う。

●日本株には投資しない

●米国株式をメインとした外国株式ファンドに投資する

https://matome.naver.jp/odai/2141388179913504201

具体的には、下記サイトで人気のファンドに投資する。
https://emaxis.jp/lp/slim/pr1/index.html

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる