ここから本文です

中華人民共和国の 華は 夏からきてるのか? 秦の始皇帝は漢民族じゃないらし...

アバター

ID非公開さん

2019/6/1705:17:38

中華人民共和国の
華は
夏からきてるのか?

秦の始皇帝は漢民族じゃないらしいな?ならモンゴルの祖先か?

閲覧数:
21
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

drt********さん

2019/6/1708:14:57

『中華』とは、『世界の真ん中の華やかな国』といったような意味で、夏王朝とは関係ありません。
ちなみに、『中国』という呼び名も、『真ん中の国』という意味で、中華民国や中華人民共和国の略語ではありません。
『中華』『中国』共に、世界の中心だと自負する自称です。

始皇帝の秦が西方系であることは、ほぼ間違いありません。
おそらくは、羌族の出身ではないかと言われています。
ただ、古くから羌族とされた諸族には、現存する狭義での羌族以外だけでなく、単純に西方にいた諸族を一括りにして羌族とされた場合もあり、秦の母体がどうであったかははっきりしません。そのため、広義の羌族とでも呼ぶしかない状況ですが、おそらくモンゴルとは無関係です。この時代で後のモンゴルと関係が深いと思われるのは、北方の匈奴ですね。

ただ、周王朝自体が西方起源であることから、その出自は羌族ではないかと言われており、さらに、南方の楚などは言語や習俗が北方とは違っていたとされていますから、そもそもこの時代の中国は、民族のるつぼのような状態です。
『漢』族と言うように、春秋・戦国時代に萌芽した漢族の原型が一つの民族的な纏りとして成立したのは、前後合わせて4世紀にも渡る漢代のことだと見るべきです。

アバター

質問した人からのコメント

2019/6/17 08:17:23

勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nic********さん

2019/6/1707:18:45

华(華):[ピンイン] huá ⇒ [異読音] Huà
1. [付属形態素] 光っている,輝いている,華やかである
2. [付属形態素] 盛んである,にぎやかである⇒繁华 fánhuá ,荣华 rónghuá
3. [付属形態素] (物事の最も純粋で)良い部分,精華.⇒才华 cáihuá ,精华 jīnghuá ,英华 yīnghuá
4. [付属形態素 贅沢である,派手である,浮ついている.⇒浮华 fúhuá ,豪华 háohuá ,奢华 shēhuá
5. [付属形態素] (髪が)白髪交じりである.
6. [名詞] ((天文)) 暈,ハロー.
7. ((文語文[昔の書き言葉])) 相手に関する物事に対してつける敬語.
[用例]
・华诞=お誕生日.
・华翰=お手紙,貴信.
・华宗=御一族.
8.((音訳語))
[用例]
・华尔 Huá’ěr 街=ウォール街.
・华德狄斯耐 Huádé Dísīnài=ウォルト・ディズニー.
・华沙 Huáshā=ワルシャワ.
・华兹华斯 Huázīhuásī=ワーズワース.
・华盛顿 Huáshèngdùn=ワシントン.

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる