ここから本文です

ヴィザカード、デビットカードってなんですか

cos********さん

2019/6/1717:40:18

ヴィザカード、デビットカードってなんですか

閲覧数:
12
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ura********さん

2019/6/1811:20:37

VISAは、日本で通例として「ビザ」と呼ばれてしまっています。ここでは、VISAとしますね。

◆VISAカードとは?
VISAカードとは、VISAのマークがある店舗で、現金の代わりに決済できるカードのことを指します。

つまり、お手持ちのカードに「VISA」と書いてあれば、「VISA」のマークのある店舗でなら、現金の支払いに変えて使える、ということですね。VISAは、JCBやMasterCardなどと並んで、国際的にそのマークなら使える、というのが特徴のため、「国際ブランド」と呼ばれることがあります。

従来は、VISA、と言えば、クレジットカードのことを指したのですが、現在は、プリペイドカードやデビットカードもありますから、それらの種類を全部まるっとまとめて「VISAカード」と呼んでいます。

◆デビットカードとは?
デビットカードとは、銀行口座の預金を利用して、代金の決済を行うカードのことを指します。

日本には、日本独自の「J-Debit」というシステムと、VISAやJCBなど「国際ブランド」つきのデビットカードが並列しています。すでに、一般的には、デビットと言えば、この国際ブランドつきのデビットカードを指すようになっていますよね。

◆J-Debitについて
ところで、「J-Debit」は古くからあるシステムで、一般に流通しているキャッシュカードを、そのまま店舗で利用できるようにしたシステムです。その昔は、クレジットカードのVISAと、J-Debitは、全く違う決済端末を利用していましたので、J-Debitはデビット、VISAと言えばクレジットカード、として処理していたのが通例でした。ですが、J-Debitは、ほとんど普及していません。ローソンやイオンなどでは、まだこのJ-Debitが利用できますから、「デビットと言えばJ-Debit」と処理しなければなりません。

◆国際ブランドつきデビットカードの普及
一方、VISAデビットは、クレジットカードの仕組みを利用して決済しますから、店舗のレジにおいては、J-Debitとして処理しないで、クレジットカードとして処理しないといけません。

そのため、お客様が「デビットカードで」というと、J-Debitなのか、VISAデビットなのか、判別をしなければならず、本当は使えるのに「デビットカードは使えません」と答える店舗があったのです。

こうした経緯で、国際ブランド付き「デビットカード」は、利用する時「VISAカードで」と言ってくれ、と案内している、というわけです。

面倒で、分かりにくいですね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる