ここから本文です

Windows7のサポートが来年1月にも終了するそうですが、 やはりサポートが終了した...

quu********さん

2019/6/1721:46:05

Windows7のサポートが来年1月にも終了するそうですが、
やはりサポートが終了したパソコンは使用しない方が良いですか?

OSのサポートが終了した場合、皆さんはどうされてるんですか?

廃棄でしょうか?
それともほかに使い道がありますか?

また、Windows7については、Windows10への無料アップデートなるものがあった気もしますが、あまり実用的ではないんでしょうか?

現在使用中のWindows7が入ってるPCがまだまだ元気で、全く壊れる気配もないのに・・・。
Microsoftが憎いです。
MACとかでもこのようにサポートが打ち切られるものなんですか?

閲覧数:
260
回答数:
14
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ttt********さん

2019/6/1809:30:12

おすすめの手順

事前に別途HDD又はSSDを用意する

1.公式でwindows10インストールメディアを作成(USBがお勧め、インストールが早いので)
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
注:ここで「今すぐアップデート」が表示されるのはwindows10でアクセスしたときだけです。
windows7やwindows8からでは「今すぐアップデート」は表示されません。
windows7やwindows8からでは「アップグレード」なので当然かもしれませんね。

2.BIOSで「セキュアブート」を無効にする
古くて「セキュアブート機能」がなければ当たり前だけど何もしないでよい
高速起動も「Disable」にする

3.OSの機能で、「電源の追加設定」>「電源ボタンの動作を選択する」で「シャットダウンの設定」にある「高速スタートアップ」は使わないに(チェックを外す)。

4.クローンソフトでHDD又はSSDに現在のクローン(ディスク丸ごとクローンで)を作成する。
これは万が一アップグレードして不具合が生じた場合にいつでも元に戻せるようにするためです。
もしクローン先をSSDにしたならSSDに換装する。HDDならそのまま保存しておく。
https://jp.easeus.com/backup-software/free.html
*クローン先のストレージが新品で無い場合は事前に次の記事を参考にして初期化(MBR)しておく
Tmax2のパソコン奮戦記: コマンドプロンプトで超簡単にディスクを初期化
https://tmax2tan.hatenablog.com/entry/post-abc3

5.windows7(又は8.1)を起動しインストールメディアを開き中にある「setup.exe」をダブルクリックしてアップグレードインストールを開始する。
途中、プロダクトキーを入力する画面が現れたら
「プロダクトキーはない」をクリックして進めます。
アップグレード完了後にライセンス認証をみれば「デジタルライセンスによってライセンスは認証されています」となるはず。
もし認証されてないときは「ライセンスの変更」からwindows7(8)のプロダクトキーを入力すれば認証されるはずです。

一度ライセンス認証されれば、クリーンインストールも問題なく出来るのでアップグレードで不具合が出るようならクリーンインストールしてみると言うことも出来ます。
ちなみにBIOS設定からインストール用メディアで起動するとアップグレードではなく「クリーンインストール」になります。

僕のブログでも紹介してますので参考にしてください。
https://tmax2tan.hatenablog.com/entry/windows7windows-c919

質問した人からのコメント

2019/6/22 19:48:24

大変多くのご回答、有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/13件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yud********さん

2019/6/2117:18:27

基本的にサポートが終了されたOSのパソコンは使用しない方がいいかと思います。

まず、更新プログラムの適用がされなくなるため、セキュリティ的に危なくなる傾向にあります。また、現在使用しているソフトが徐々に使用できなくなったりエラーが出たりします。

ただ、元気に動くPCだけに廃棄にするのはもったいなく感じる気持ちもわかります。
現在の使用しているPCがWindows10にアップグレード対応しているのであれば行うのも一つの手です。しかし、OSのアップグレードはオススメしないです。
基本的にWindows7のPCはWindows10上げることを推定して製造されているわけではありません。
そのため、Windows10に上げてから動作が遅延したり、アプリが起動しなかったりという問題が起こることも多いです。
Windows7はサブ程度に使用し、Windows10のPCを新しく購入される方がいいかと思います。

MacでもWindowsと同じようにOS更新は止まっていってたと思います。明確な停止期間は発表されていなかったと思いますが・・・

こ参考になればと思います

don********さん

2019/6/2020:39:19

ネットに繋がなければ問題ありません。
セキュリティパッチが配られなくなるだけで、サポート切れた途端、地球上の全windows7が消滅したりする訳ではないので。
うちにはWindowsNT(Win98の前のOS)が入ってるマシンとかまだありますよ。

ただサポート切れたOSでネットする奴は正直鬱陶しいですね。
私は友人用のサーバー建ててますが、サポ切れOSからはアクセスさせたくないです。
インフルエンザのワクチン打ってない奴に近寄るのは嫌でしょう?
いい加減、観念してWin10に上げちゃってください。

プロフィール画像

カテゴリマスター

vai********さん

2019/6/2002:43:35

すでに2017年3月のWindows UpdateでSMBv1の脆弱性が改修されたのに
その直後に流行した、SMBv1の脆弱性を攻撃するWannaCryの大流行があり
そこで、Windows7がもっとも多く被害を受けているという報道がありました。

つまり、理論上Windows Updateをしていなかったための被害であり
あるいは、セキュリティソフトを過信してこその被害だったのかもしれません。

延長サポート終了後は、Windows Updateが打ち切られるため
脆弱性は放置されることになります。

つい先日騒がれたBlueKeep(CVE-2019-0708)の例では
Windows7などだけでなく、Vista,XP、さらにWindows2000に至るまで
共通の脆弱性があることが確認されています。

一部には、サポートが切れたOSは、枯れたOSで
脆弱性は改修が終わっているという考え方をする人もいましたが

こういった現状を見て、最近は枯れたOSは大丈夫と考える人は
昔よりはめずらしくなったと思います。


もちろん、SMBv1やBlueKeepの例のように、サポート終了のOSにも
例外的に修正が行われるようなことはありますが…
現行OSより対応が遅くなる傾向もありますし
放置される脆弱性のほうが多いのが現実であり

仮に、セキュリティソフトを導入していたとしても
サポート切れのOSを、ネットに繋いで運用することはできません。


ですから、Windows用ソフトを使うために、ネット機能を無効化し
スタンドアローンのPCとして運用するのが一つの選択肢です。

Windows10発売当時は、2016年7月29日まで
無料アップグレードサービスがあったので
当時は、本来それが推奨の選択肢でした。

ただ、それはもうとっくの昔に終わっていて
今新規にやろうとすれば、Windows10を騙し盗ろうとすることになります。

当時、Windows10の評価が低いとして
敬遠した人も多かったようですが、今となっては後の祭りです。


今Windows10化するとしたら、別途購入するしか無く
およそ15000円程度は費用がかかることもあり、推奨できません。

買ってきても、古いPCがこれからも長く動き続けるとは考えにくく
Windows8.1や10を搭載して発売されたPCの中古品を買うほうが
単品のWindows10を買うより、いくらかお買い得になるはずです。


OSを入れ替えてどうにかするとしたら
無料配布されているLinux系OSを使うことができます。

ただし、すべてのPCで動くとは限りませんし
Windows用ソフトが動くわけではありませんから
誰もが、Linux系OSで解決できるわけではありません。


たとえばLinux系OSでも比較的シェアが多いUbuntuや
その軽量版にあたるXubuntu18.04LTSなどであれば
Windows10よりはメモリー消費が少なく
古いPCで、まともに動く場合がありますし

最新のFirefoxやChromeが使えれば充分というのであれば
随時、後継バージョンに入れ替えつつ、壊れるまで使い続けても
金銭的負担は避けることができます。


なお、Macの場合は最短では発売から6年で
最新のMac OS Xの対象が打ち切られた例がありました。

現在も、2009年以前のMacは現行のmacOSが対応していません。

それに対して、Windows10は条件が良ければ
もう少し古いPCでも使える例があるようですし

Linux系OSの場合は、Xubuntu18.04LTSでも
一応ワープロや表計算ができるという程度であれば
2003年のPentiumIII機でも動いていることを確認しています。


こういったOSごとの対応の違いは、ごくごくあたりまえの理屈で

まず、macOSがもっとも条件が悪いのは
それを作っているAppleが、ソフトメーカーではなくハードメーカーだからです。

新しいMacが売れないと困るので、macOSは無料で配布しますが
古いMacで動くようには作らないことによって、買い替えを促します。

平均して高価に見えますが、高いものを買ったからと
長く使えるかといえば、そうでは無いのがMacです。


Windowsの場合は、Windows自体が売り物なので古いPCでも動きます。
ただ、まともに動作しないくらい、新しいOSが重くなるPCは
対応するだけ無駄ですから、そこまで対応することはありません。

また、Microsoft自身は古いPCでも動くように作っても
実際は、デバイスドライバーの供給元がMicrosoftでは無く
個々のPCや部品のメーカーが、デバイスドライバーを提供しなければ
古いPCが新しいWindowsで動くことができなくなります。

そこでは、PC側の新しいPCを買ってもらわないと困るという理屈があり
それでもAppleほど、都合よく買い換えさせることができないため
ほとんどのPCメーカーは、Windowsに付き合うことで衰退してきました。

AppleやMicrosoftは、世界有数の大資産へと成長してきたのに…です。


Linux系OSの場合は、オープンソースソフトウェア(OSS)の集合体で
自由なソフトとして開発されてきたプロダクトの集合体ですから
結果的に、無料配布されるOSがほとんどになっています。
(市販版も少数ながら継続しています)

ほとんどのOSSのプロダクトは資金不足と言われていて
寄付などが集まりやすいのは、知名度の高いプロダクトで
開発者が得る利益は、そのソフトやLinux系OSなどを使えることのほか
あまり無いような場合もあります。

ですから、開発力はAppleやMicrosoftよりも不利な部分がありますが
最もLinux系OSを採用しているのは、サーバー事業や組み込みOS需要で
そのため、信頼性,堅牢性,効率性は充分に高くなっています。

また、古いPCを使いたい人自身が、OSSのプロダクトを再編し
古いPCで動く軽いOSを作ることも自由なのがOSSの利点で

結果的に、最新OSでありながら、10年や20年前のPCで
それなりに動くOSが開発され続けたりしています。


その支えとなっているOSSのプロダクトは
Firefoxのほかにも、LibreOffice,GIMP,VLCメディアプレーヤーほか
Windowsでも使われているプロダクトが少なく無く

Windows用の市販ソフトを使っていなかった人ほど
Linux系OSへの移行が容易にできるはずです。

また、ChromeもLinux系OS向けに提供されていますが
そのベースになり、Microsoftも次期Edgeに採用するChromiumも
OSSのプロダクトですし

Androidも、基礎にLinuxやOSSのプロダクトを採用し
また、Android自体もOSSとして開発されています。

こういった部品としてのOSSの活躍はめざましく
Linuxという言葉を知る前に
すでにどこかでLinuxを使っている人のほうが多いはずですし

Macが無い世帯や、Windowsが無い世帯は簡単に見つかっても
Linux採用の家電やデジタル家電など
たとえばHDDレコーダーやルーター装置などが無い世帯は
簡単に見つけることはできないはずです。

zyeqg99633さん

2019/6/1916:05:16

ネットに繋がないのがいいです。
ウイルスはネットに繋いだだけで
感染してしまうので、サポートが
終わってからも使いたいのならば
ネットに繋がないのがいいです。

ちなみにセキュリティソフトを
入れないでネットに接続した場合

https://www.nicovideo.jp/watch/sm8969919

この動画で使っているWindows 2000は
セキュリティソフトもともとは
入っていなく、ネットにセキュリティ
ソフトを入れずに接続すると
どうなるのか検証した動画です。

Windows 7もセキュリティソフトが
入ってなければこうなります。

dem********さん

2019/6/1811:00:09

Windows10にアップグレードして使えば?
今でも出来るようだ。

Windowsが気に入らなければ? MAC?

気に入らないからLinuxを使っている。
ボロのノートPCなので仕方がないが、もっと見てくれの良いノートPCが手に入ったらSSDの小容量に軽量Linux ChaletOSを入れて動かす。

やって見れば結構面白いし勉強にもなる。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる