ここから本文です

老後に必要な生活資金について。 下記の状況と仮定すると老後に必要な生活資金...

ytr********さん

2019/6/1808:23:41

老後に必要な生活資金について。

下記の状況と仮定すると老後に必要な生活資金は毎月いくら必要になると思われるかお伺いします。

夫70歳、妻65歳が前提。
持ち家マンションでローンは無

し。
貯蓄は一千万。
管理費、修繕積立金は月3万。
子供は独立し、所帯持ち。
クルマは無く、年2回国内の温泉旅行を計画。

年金収入は月20万くらいで毎月赤字になると考えられますか?普通に生活していくには問題ないだろうとの考えは甘いでしょうか?

補足前提の状況では余力はないと改めて認識しました。
70歳まで数年ありますのでもう少し収入を増やすか、70歳を過ぎても仕事を続けることを検討します。

最低限での生活を送る努力は必要なことは重々承知しております。
今後、人生なにが起きるかわかりませんし、できるだけ備えをして息子たちや私が先立った場合の妻に
大きな迷惑を掛けないよう心掛ける所存です。

皆様のアドバイスはどなたも大変参考になりました。
感謝申し上げます。

閲覧数:
474
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

exp********さん

2019/6/2312:21:12

うちもほとんど同じです。
年金をもらえるのはまだ数年先ですが、年金額は20万円もありません。

>年金収入は月20万くらいで毎月赤字になると考えられますか?
>普通に生活していくには問題ないだろうとの考えは甘いでしょうか?

これはごくふつうの質問ですが、もはや「質問の発想がおかしい」とされかねない今の日本です。

20万円でも私のようにそれ以下でも、私より若い世代がさらに厳しくなっても、少なくとも生活費はその年金額で収まる努力をするのです。
「こういう生活をするのに年金がいくら足らないか」ではなくて「足りる生活に変える」ことがだいじだと思うのですよ。

何かが起こったときは年金ではもう何も解決できないので、貯蓄はすべてそういうもののためにとっておきます。

マンションというのがちょっと心配です。

私は一生賃貸でもいいと思ってたくらいですが、老後の不安から家を購入しました。
この先どうなっていくかわからない中で、住む場所だけは確保しようと、もうローンを組む歳でもないので貯蓄から買いましたが、そのためすっからかんです。
そのとき戸建てにこだわったのは管理費、修繕積立、駐車場など月々の支出をおさえるため。(修繕は戸建ても必要ですが安い業者を探すとか、がまんできるとこは直さないとか、そういう調整は可能です)

それとマンションは30年くらいで建て替えるとき、新しく建て替えたのを買うか、出て行くかだと聞きました。
今から30年後というとまだ生きているかもしれないし、でもお金もなく、もしかしたら医療にお金がすごく必要かもしれない。。。そういうときにまた住宅問題が、というのは勘弁してほしいと思ったので。

ご質問についてちょっとちがう角度で話してしまったので、ズバリお答えしておくと20万円の生活費で赤字は出ません。(もちろん出すのもかんたんですが笑)

東京で1人暮らしをしている若い人は手取り20万円もないですよ。
多少の借金はいつもしてるのかもしれませんが、それでも狭いワンルームに10万円近い家賃を払ってなお生活できています。
20万円で生活できないとしたらおかしいです。

質問した人からのコメント

2019/6/24 10:52:11

ご回答ありがとうございました。
もっとも参考になりましたのでベストアンサーと致します。

「老後に必要なお金」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

やすべーさん

2019/6/2321:48:53

赤字になるかどうか、それはお二人の生活状況ですね。

私からみれば、問題ないように思います。
私は旅行などに行きませんので、夫婦で食費に毎週1万もあれば十分なんです。

reg********さん

2019/6/2122:56:49

年金収入=税金と健康保険料、介護保険料等の天引き後であれば黒字は可能だと思います。
ただ、マンションは固定資産税が割高なのでかなりの出費です。
戸建てならば管理費等は不要ですが、地震や台風の被災、老朽に対し全部自己責任です。

すでに保険料の支払いを終えた2,000万円程度の生命保険がないと
どちらかが(特に夫が)死亡後、年金が激減するため
(遺族年金と自身の年金の合算ではありません。)
数年で資金が枯渇するおそれがあります。
男性の健康寿命は72歳前後です。

また、どちらかが寝たきりで施設入所となり民間施設に入れば(特養はほぼ無理)
月に20~25万円(1人)が必要になるのでこれまた数年で資金が底をつきます。
金融庁の試算は生活費以外の出費を想定していないので注意が必要です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/6/2022:39:09

税金類が抜けています
税は結構高額になります
税金類は
・所得税
・地方税
・固定資産税
・国民健康保険税
・介護保険税

これらの税が 仮に年間20万とすると
マンションの管理費3万+2万弱で5万弱になります
年金20万 − 5万弱で
月に使えをお金は 15万ちょっととなります
二人で月15万は結構厳しいでしょう
預貯金から月2万5千円切り崩しても
月17万5千円ちょっととなります

私は 年金生活(厚生)17年になる者です
一人暮らしですが
年金は 食費と日々の日用品でなくなります
税金類は 他から出しています

knt********さん

2019/6/1809:24:06

フツーに生活する分には可能なのでは。

ただ余力はないので入院通院とか子供や親戚の冠婚葬祭等が必要になると厳しいのでは。

あと1000万くらいあれば十分では。
ということで今騒いでいるようにやっぱり老後は2000万が必要ってことになるのでは。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/6/1808:40:14

一千万円は少ないですね。

二人では年金20万円は厳しいですね。
役所に出入りする無料のファイナンシャルプランナーに相談した方が良いと思います。

それよりも保険はキチンとした物に入ってますか?
大きな大病をしたら、保険が効かないとか、入院費用で、赤字になるとか、だとしたら終ってしまいます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる