ここから本文です

知恵袋で皇族の人達は苗字が無いというのを見たんですけど本当ですか?

アバター

ID非公開さん

2019/6/1902:37:51

知恵袋で皇族の人達は苗字が無いというのを見たんですけど本当ですか?

なんで苗字が無いんですか?
でも愛子様は敬宮という苗字があるくないですか?もしかして偽名??

閲覧数:
51
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rok********さん

2019/6/1909:11:27

大和政権の氏姓制度のところで教わりました。天皇は、国や朝廷に対する「貢献度」に応じて、豪族たちに「氏」を与えたということでしたよ。

聖徳太子の母方の「蘇我氏」とか、蘇我と対立していた「物部氏」などがそうです。
苗字と名前の間に「の」が入る人たちが天皇から「氏」を授かった一族らしいです。
「蘇我馬子(そがのうまこ)」「物部守屋(もののべのもりや)」みたいに。時代が下ると「藤原氏」とか「源氏や平氏」もありますね。

要は、朝廷が日本を支配していく制度の中で、「天皇は『氏』を与える側」でしたから「氏は無い」、即ち「苗字は無い」ということでした。

中学の歴史で教わるレベルなので、もっと深いところに大きな理由があるのかも知れませんが、回答させていただきました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ail********さん

2019/6/1913:44:15

嘘です。
氏姓制度が苗字の始めです。
皇族は家の名前が苗字に相当します。
天皇は国の長なので必要ないだけです。

knz********さん

2019/6/1909:48:55

飛鳥時代の大王(後の天皇)一族は氏名(うじな)がすでにありませんでした・氏族社会であった当時は、支配階層であった氏族には氏族の名、すなわち氏名がありました。例えば、蘇我・大伴等です(後の藤原・源も)。大王一族も大きく見れば氏族の一つで、本来は氏名を持ていたはずですが、何らかの理由でこれを用いなくなりました。ですから、蘇我蝦夷等ののように、た氏族は氏名+諱(名前)という個人表記なのに、大王一族は天智天皇は諱葛城のみで表記されたり、中大兄皇子(大兄は皇位継承権を持つ皇子の敬称)と表記されます。この氏名を持たない先例が現在まで継承されて天皇家には氏名がないのです。

なお、名字(苗字)は12世紀頃から成立した日本的家制度(家業・家産・家格)での家名のことです。天皇家では宮号が苗字に相当すると思ってください。宮号は苗字のように継承されます。

kop********さん

編集あり2019/6/1908:24:40

天皇がくれるのが、名字なんでね。

そこが違う。

tun********さん

2019/6/1903:10:42

本当です。
本来は「大和」という苗字があったとする説がありますが、遅くとも平安時代には苗字がなくなっています。苗字は家柄を他の家々と区別するためのものです。天皇家は別格の家柄なので、苗字で対等に区別するのは畏れ多いという理由のようです。
それにしても称号は「浩宮」とか「敬宮」とか一人一人で違うのに、苗字であるとか、面白い説ですね。
ただし称号は、天皇、皇太子とその子女の誕生時に与えられる名前で、皇太子になると無くなるものです。代々引き継がれる苗字ではありません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる