ここから本文です

ピュアモルト2000とレグノ(旧式)ではどちらの方が書きやすいですか?また、それぞ...

pqa********さん

2019/6/2322:15:41

ピュアモルト2000とレグノ(旧式)ではどちらの方が書きやすいですか?また、それぞれの利点や欠点等も教えてください。

閲覧数:
14
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

t_w********さん

2019/6/2323:32:40

どちらも正式な名称ではありませんので、こちらが思っているものと異なる恐れがあります。

・ピュアモルト(オークウッド・プレミアム・エディション) ノック式
普通の一般筆記用シャープペンです。先端にいくほど細くなる形状は「滑りやすさ」の一因になっています。軸の上部と下部を分けずに一本の木から作ったことで値段が上がったのでしょう。1000円のピュアモルトと比べて性能面の向上は特に感じません。ノックボタンのがたつきはピュアモルトにはありがち。

・レグノ(HLE-250K)
材料確保の難しさからジャストミートが廃番になり、その価格帯にレグノの廉価版であるレグノ(HLE-1SK)が発売されました。レグノ(HLE-250K)が廃番になったりモデルチェンジしたわけではないので「旧式・新式」という表現は適切ではないと思いますよ。
さて、そのレグノですが、こちらも一般筆記用のごく普通のシャープペン。やはり軸は滑りやすく、特別書きやすいわけではありません。キャップ部分のつくりはピュアモルトシリーズより精度が高い印象(というか、ピュアモルトみたいにカタカタいう個体が混じっている商品は他にあるのか?)。

まぁ、どちらも「書きやすい」という理由で選ぶ商品ではないです。ちょっと書きならまだしも、長時間筆記には向かないです。「書きにくくて仕方がない」というほどではありませんが、好んで使おうというものでもありません。個体差がかなり大きいですが、滑る軸はツルツルです。

木製品のほうが金属やプラスチック製品よりも好きという人にはいいのかもしれません。着色しすぎたものは人工的な感じが強すぎます。レグノのブラウンが一番ほっとする色味です。

欠点はいろいろありますが利点はありません。

・見た目で好きな方を選ぶ

・軸の形状がしっくりくる方を選ぶ

・予算で選ぶ


ちなみに木軸といえば一部のユーザーの間で「経年変化」をありがたがる風潮がありますね。ネット社会の弊害なのか、すぐに感化されて同じような主張をする中学生がわいて出ます。「経年変化」は他人から見れば「使用感のある小汚いシャープペン」に過ぎません。個人で喜ぶ分には勝手ですが、つやつやのゴキブリみたいな木軸画像をネットにアップするのはどうかと思いますね。「経年変化」が待ちきれず、指でこすったり、油を塗ったり、「どうすれば経年変化が起こりますか」と質問したり。なんだかな~という気がする。

質問した人からのコメント

2019/6/24 23:08:47

適切なコメントそして、長文にありがとうございます。これからのシャーペン選びに生かして行きたいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる