ここから本文です

高一生物について質問です。

rlc********さん

2019/6/2403:18:08

高一生物について質問です。

生物と遺伝子のところで、真核生物に好気性細菌(酸素を使い有機物を分解する原核生物)が取り込まれ、共生することでミトコンドリアになる。とあったのですが

①共生とはそもそも何なのですか?解説には異種の生物が密接な結び付きを保ち生活する関係とあったのですが、上記では取り込まれとあるので、ここでの「密接な結び付き」とはどういうことなのでしょうか?
②ミトコンドリアとは何者なのでしょうか?私たちの体内の細胞にもいるとのことですが、ミトコンドリアとは細胞内で何をしているのですか?
③ミトコンドリアにも葉緑体にも核があると書いてあったのですが、この2つって細胞内にいるのですよね?細胞にも核があるのになぜこの2つにも核があるのでしょうか?

この3点です。よろしくお願いします。

閲覧数:
19
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2019/6/2405:05:44

1
共生には、片利共生、相利共生といって、一方にだけ利がある共生(寄生)と双方に利がある共生があります。片利共生の例としては、宿主の栄養で育ついわゆる寄生虫とかですね。相利共生の例としては、我々が食べたもので代謝を行なって繁殖し、腸内を整えてくれる腸内細菌とかです。
この場合の密接な結びつきというのは、諸説ありますが、雑に説明すると、
酸素でエネルギー生産を出来ない真核生物が、酸素でエネルギー生産を出来る好気性細菌を使って、さらにエネルギーを得ようとした
って感じです。
2
ミトコンドリアは私たちの体の中での好気呼吸を行なっています。酸素を使って炭水化物を酸化して、atpというエネルギー源を生産します。
3
正式には核ではありません。核様体といって、DNAがタンパク質と結合して集まり、核の様な働きをしているものです。元々から真核生物が持っている細胞小器官なら核みたいなものなんかあるはずがない、だから元は外から取り込まれた別の生物だ!と考えられているんですね。
外から取り込まれた別の生物が由来だと考えると、核みたいな自分の遺伝子を持ち込んで来ていても自然ですしね。
ミトコンドリアのDNAは細胞本体の核のDNAとは独立して存在することになります。ミトコンドリアを作るのはその細胞の核のDNAじゃくて、ミトコンドリアが別で持ってる自分のDNAってことです。

  • 質問者

    rlc********さん

    2019/6/2407:04:31

    回答ありがとうございます。
    ああなるほど!!すごくわかりました!
    ミトコンドリアってatpを生産してたんですね、本当にありがとうございました!

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/6/24 07:05:00

回答ありがとうございました!お陰様でスッキリしました、ありがとうございます!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる