ここから本文です

日本人はタトゥー=悪という認識が強い国であるのはよく知られていますが、結局の...

ind********さん

2019/6/2608:06:06

日本人はタトゥー=悪という認識が強い国であるのはよく知られていますが、結局のところ大衆化していないだけだと思います。

昔は髪を染めることすら不良とされていましたよね。今でもいい年して金髪にしていたら堅い職業では無いんだろうな程度の認識はありますが。

それと同じで欧米人のタトゥーに対する感覚も、入れる場所や柄によって判断される当然部分はありますよね?

閲覧数:
112
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jul********さん

2019/7/106:34:53

柄はでかいでしょうね。ハーケンクロイツのタトゥーとキティちゃんのタトゥーでは、かなり印象が変わります。

職業によって規定がある国はありますが、世界の多くの国は多民族国家であり、民族によっては文化慣習としてタトゥーを彫る民族も少なくありません。日本も時代を遡れば列島全土にタトゥー文化がありましたし、アイヌや琉球には明治政府が同化政策でタトゥーを禁止するまではタトゥー文化が残っていました。

民族差別は現在のPC的にはアウトであることを踏まえると、タトゥーの有無による職業選択の自由の剥奪はなかなか難しいでしょう。

米国のホワイトカラーにタトゥーのない人が多いのは、タトゥー文化を持たないアングロサクソンがホワイトカラーにおけるマジョリティである、ということが大きい。

日本におけるタトゥー=悪みたいな信仰は、メディアの刷り込みですよね。テレビとネットの見過ぎかな。日本の文化史を少しでも学べばそんなことにはならないはずだから。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

int********さん

2019/6/2812:06:31

基本的にホワイトカラーの人達が入ているのは稀です。

タトゥーは労働者(ブルーカラー)に多いです。

ヨーロッパ等では職業や収入で行くレストラン、住居、スポーツも異なります。
ちなみにサッカーはブルーカラーのスポーツです。

n_f********さん

2019/6/2619:54:08

在住国スイスでは、スイス人の20%がタトゥーをしていて、若者に限ると半数は、どこかしらにタトゥーがあるそうです。

そして、自分も初めて知ったんですが、国内には世界的に有名なタトゥーアーティストがかなりいるようです。

タトゥーが禁止されている職業は、銀行員。あと、CAをしている知人は、足首にあるタトゥーは隠すように言われたそうです。

pkm********さん

2019/6/2618:04:14

日本よりは確かに緩いでしょうが、欧米人でもお堅い職業の人はいれてません。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mon********さん

2019/6/2616:16:38

ありますね。

もちろんこういうことは国や文化圏によって捉え方が違うはずですが、フランスの場合、この前、安い家具を売っている郊外の量販店に行ったら、目立つ刺青を入れている人たちがやたらに目立ったので驚きました。

それから「アート」な方たちの中には、刺青を入れている人が目立つこともあります。

でも、一般的なホワイトカラーの中には、刺青はあまり見かけません。

これは、そういうものだ、というだけのことで、別に禁止はされていないけれど、刺青を入れる層と、入れない層は、なんとなく分かれてるのです。

数年前の統計で、30歳以下のフランス人の30%は刺青を入れている、というものがありましたけれど、これも、すべてのフランス人の中の30歳以下の人たちの中に、満遍なく30%ずつ刺青を入れている人がいるのではなくて、どう考えても30%以上の人たちに入れ墨が見受けられるところもあれば、刺青なんて全く見かけられないところもあります。こういうことは、人それぞれの生活している層に寄ることが多いし、小さいワンポイントの刺青か、体を大きく覆うような刺青かにもよります。

前の回答者さんが、「病気や怪我で残った傷跡に、カバーするようなものを入れるのはあるよ。」と書いておられて、そういう場合もあるのでしょうけれど、フランスでは一般的ではありません。「欧米」という言葉で一般化はできないと思います。

それから、刺青を入れてから後悔する人たちもいるので、刺青を消す処置をするところもあります。消すのは入れるよりもはるかに手がかかっていたいのだそうですし、場合によっては幾年もかけて少しずつ消して行く場合もあるそうです。赤は特に消すのが難しいのだそうです。

hay********さん

2019/6/2615:08:48

>それと同じで欧米人のタトゥーに対する感覚も、入れる場所や柄によって判断される当然部分はありますよね?

欧米は、
病気やケガなどで残った傷跡に、
カバーするようなものを入れるのはあるよ。だから、子供でもしている時がある。
タトゥーは、欧米では、単にオシャレや趣味で泣く、こういう使われ方もしている。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる