ここから本文です

交通事故での後遺障害11級(併合)について教えて下さい。。。

nam********さん

2008/11/2711:55:30

交通事故での後遺障害11級(併合)について教えて下さい。。。

交通事故での後遺障害11級(併合)について教えて下さい。。。

去年の7月に主人(30歳)が、通勤途中に事故に遭いました。。。原付バイク直線15:85相手トラック(4トン)右折のサンキュー事故です。怪我ですが、右大腿骨骨折で「1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの」として12級7号。と、右脛骨高原骨折で「局部に頑固な神経症状を残すもの」として12級13号。で併合11級(自賠責基準)で連絡がきました。(入院67日・通院369日・実通院57日)

本日相手の保険会社が家に支払いの話をしに来ますが、提出された金額が無難なのか分かりません。どなたか、詳しい方がおられましたら、教えて下さい。。。

①「慰謝料」について
\1299277(自動車任意保険お支払基準による(重傷)。)と記入されていますが、どういう計算でだされたのか?

②「後遺障害逸失利益」について
\5657758 主人の年収\3011528で逸失期間は13年で計算されていました。

③「後遺障害慰謝料」について
\2000000(併合11級認定)と記入されていますが、決まった金額なんでしょうか?

主人は今回の事故で、あぐらがかけない、正座ができない、走れない、びっこで歩いている、長時間歩けない、和式トイレができない、以前働いていた仕事の内容がこなせないので転職した、、、など毎日大変辛そうにしています。
示談をする際に、注意すべき点などあれば教えて下さい。お願いします。

閲覧数:
5,945
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jiko_ueyamaさん

2008/11/2713:08:36


一覧表を提示しておきますので、参考にしてください。
http://jikoinfo.e-advice.net/isyaryo.html#ke3


計算方法はこちらを参考にしてください。
http://jikoinfo.e-advice.net/issitsu.html

12級7号部分は67歳までの37年間、
12級13号部分は10年間程度の喪失期間を認めるのが相場ですから、
ご主人の場合、
当初10年間は喪失率20%、
以降27年間は喪失率14%、
として計算するのが最終的には妥当な計算方法と言えると思います。
ちょっとややこしいですが、
当初10年間の計算が
3011528×0.2×7.7217=4701786
以降27年間の計算が
3011528×0.14×(16.7113-7.7217)=3790140
合計8,491,926円円
この辺りが裁判をして実現できる金額ということになるかと予測されます。

ですが、関節可動域制限と神経症状は、
いずれも保険会社としては喪失期間を制限して主張しますし、
喪失率も逓減的主張をよく使います。
事実、時間の経過とともに改善する種類の後遺障害で、
慣れによっても労働能力の喪失程度は低くなっていくものですから、
保険会社の主張が不当と呼べるほどのものではなく、
被害者側が適切に主張・立証できなければ、
ここで示した計算方法の主張が容易であるとは思わないでください。


任意保険としては比較的高額提示ですね。
11級では190万を上限とする会社もあります。
200万の提示なら好意的と言えます。
が、法的賠償基準としては420万が妥当な金額ですから、
納得いかなければ法的賠償水準を求めるほうが良いですね。
こちらも一応基準表を示しておきます。
http://jikoinfo.e-advice.net/kouisyo.html

これも主張すれば保険会社が応じるというものではありません。
あくまで裁判をすれば実現可能と思われる基準です。

全体として、裁判で見込める上積み額が500~600万程度ですから、
弁護士が引き受けるかどうかについては微妙な事案かも知れませんね。
引き受けてくれたとしても裁判までせずに示談で条件アップを狙う程度でしょう。
裁判をしないなら弁護士に依頼したとしても、
そこまでの増額が期待できるわけではありませんし、
それなら紛争処理センターを利用するほうが賢明だと言えるかもしれません。
自力で紛センを使う場合、
ご自身で適切な主張・立証を行う必要があり、
特に逸失利益の部分では保険会社ペースが予想されますが、
弁護士費用を差し引いた金額で比較すればトントン程度でしょうか。
少し勉強して対応されないと上記金額の実現は難しいでしょうね。
自力対応した場合の「可動域制限+神経症状」では、
裁判レベルでの解決例は少ない印象です。
保険会社ペースでの裁定例がかなり目立ちます。

主張・立証部分について、
後方支援を受けながら、
紛争処理センターへご自身で赴いて解決する、
という方向性を視野に、
後遺障害認定に強い行政書士に、
後遺障害認定部分について等級アップの余地がないかどうか、
その部分の再精査も含めて相談してみるのが良いと思います。
認定等級について10級相当のように思えなくもないので。

交通事故被害者支援専門 植山行政書士事務所 植山 保

質問した人からのコメント

2008/11/28 17:21:38

降参 早急にお答えして頂き、ありがとうございました。
植山様からのお答えを参考に、保険会社へ「逸失利益」の話をしてみました。
保険会社から「もう一度、検討してみます」とお返事を頂きました。
何度か交渉して、納得がいかなければ紛争処理センターへ依頼してみようと思います。
本当にありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる