征韓論論争が発生した理由 日本史で征韓論論争が発生した理由を述べなければなりません。表向きの理由で なく底辺の理由を答えろと言われたのですが調べてもよく分からなかったので教えてい

征韓論論争が発生した理由 日本史で征韓論論争が発生した理由を述べなければなりません。表向きの理由で なく底辺の理由を答えろと言われたのですが調べてもよく分からなかったので教えてい ただきたいです

日本史 | 大学受験52閲覧

ベストアンサー

1

前の方は征韓論争が起こった理由というよりは征韓論の理由ですね。 征韓論争の理由ですが、岩倉使節団メンバー(伊藤博文・大久保利通など)と国内組(西郷隆盛・板垣退助など)との間での考えの違いです。 使節団メンバーは、海外を見てきて力の差を見せつけられたので、まずは外国にちょっかい出す前に強くならねば、征韓論はそのあとだ、と考えていました。 それに対して国内組は、士族の不満を国内でずっと目の当たりにしていたので、どうにかしなければと思う気持ちが強かったのです。 もう1つは権力闘争です。使節団メンバーははっきり言って大失敗で、元々の目的であった条約改正をできずに帰ってきています。 一方で、国内組はやることをしっかりやっていて、徴兵令や学制公布など、明治政府の根本政策を実現したのは使節団メンバーがいない間の国内組です。 なので、使節団メンバーからしたら、失敗した自分たちよりも、成功してる国内組が邪魔臭かった、という理由から、政府から国内組を排除したかった、というのがありました。実際、西郷隆盛・板垣退助らは征韓論争で敗れて政府を去りました。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました! 権力闘争であっていました、助かりました!

お礼日時:2019/7/2 19:47

その他の回答(1件)

0

薩長の専制政治に反感を持っていた旧幕府側の血の気の多い人たちがまだおりまして、その人たちが要人を暗殺したりして、明治政府をまた転覆させようとしていたんですね。 そういう人たちの不満分子を朝鮮半島に向けさせようとするという目的も征韓論にはありました。 今、韓国が日本を叩いているのは、政治と経済政策に不満をもつ血の気の多い若者たちの目をそらすためもありますが、それと同じです。 あとは、日本は海外線が長すぎて、上陸時に防御が不能です。それなので、朝鮮半島を他国におさえられると、地政学的にすぐに上陸され蹂躙されてしまうので、朝鮮半島を予め占領し、外国とは朝鮮半島で戦おうという目的もありました。