ここから本文です

脊柱間狭窄症と診断されまして、半年たちました。薬飲んで飲んでも、ブロック注射...

ksf********さん

2019/7/408:36:52

脊柱間狭窄症と診断されまして、半年たちました。薬飲んで飲んでも、ブロック注射を打っても、整体に行っても改善しません、手術を考えています。費用等が知りたいです。経験のある方教えてくだ

さい。

閲覧数:
97
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zco********さん

2019/7/414:01:28

脊柱管狭窄症の手術せずに治る方法が下記のようにあります。

脊柱管狭窄症の世界的名医中の名医は米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が脊柱管狭窄症リハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズZ-****です。

一般の筋トレをしますと脊柱管狭窄症がもっと悪化される可能性ありますし、また痛くてしようとしてもできないので米国専門処方(RX)シューズジィーコイルをカスタマイズ調整して履き、脊柱管狭窄症患者用で特化されたリハビリ運動であるRX前支え運動、RX反動、RX万歳、RX鉄棒、RXスクワット、RXランジ、RX坂歩き(ランニングマシン上)するともっといいでしょう。

以前は脊柱管や椎間孔(神経孔)は、先天的な要因はなく後天的な要因によって一度狭くなる再び原状復帰ができないと知られていましたが、ハーバード大学医学部など米国医大実験結果により下記を参照してリハビリ治療などをするとより活性化された免疫マクロファージが脊柱管、椎間孔内の異物などを食って脊柱管、椎間孔の空間を広げ、米国専門処方(RX) シューズZ-****の正しい姿勢保持機能で脊柱管、椎間孔が元の位置に回復がされて脊柱管狭窄症や椎間孔(神経孔)狭窄が速く自然治癒、生活完治、再発防止できます。

脊柱管狭窄症の手術勧告基準

腰椎4/5を基準に、通常の脊柱管 - 後直径13mm左 - 右径が16mm、水平切断面の面積が75-100㎟で神経孔(椎間孔)の高さが5mmであり、通常の基準で2/3以下に狭くなる場合、外科手術治療を検討するのが一般的で脊柱管や椎間孔の状態がどうなるかを正確に知ってから治療法法を決めてください。 

"脊柱管狭窄症の施術類は副作用、後遺症が多く、すでに廃棄された治療法でありまして一度手術を受けてしまったら二度目三度目の手術を招かざるを得なくなりますので最初から脊柱管狭窄症に手を出さないようにするのが完治への一方であるでしょう。
代わりに下記を参考にし脊柱管狭窄症をリハビリ管理するともっと早く自然治癒、生活完治できることに間違いありません。"

<脊柱管狭窄症薬、注射、施術、手術、副作用なしで自然治癒、生活完治、再発防止治療法の概要>

脊柱管狭窄症に良い食べ物であるタンパク質の多い、免疫細胞を作ってくれる赤牛肉を ジャーキー、しゃぶしゃぶ、醤油漬けなどで毎日100g以上お召し上がりになるのをお勧めします。また、

米国専門処方(RX)シューズZ-****(世界的名医中の名医)を疾患、体重、職業、脊椎、骨盤、脚、歩き方矯正状態などに合わせてカスタマイズ調整して履けば、脊椎、骨盤不均衡と足、歩き方矯正が日常、職場(学校)生活の中で矯正されてギブスの役割をする固い整形外科インソールが足を不安なくサポートし、体重を半分に減らす効果のように脊椎の衝撃を50%少なくしてくれスプリングエネルギリターン(推進力)が50%になり脊柱管狭窄症に無理を与えずに歩くのが非常に楽になり、より遠く歩くことができ、エアシューズに比べて脊椎、下半身の筋肉弛緩、収縮(ポンピング)運動が10倍以上されて、血液、リンパの循環をスムーズにして、血液リンパ中の免疫細胞、鎮痛消炎剤が脊柱管狭窄症自己治療、自然治癒、生活完治条件を作ってくれ脊柱管狭窄症がより速く自然治癒、生活完治、再発防止されます。

米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が脊柱管狭窄症リハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズZ-****をカスタマイズ調整して履き、日常、職場(学校)生活して脊柱管狭窄症のリハビリは脊柱管狭窄症患者に特化したRX前支え、RX反動、RXランジ、RX鉄棒、RXスクワット、RX万歳、RX坂歩き(ランニングマシン上)をすると仕事も歩きも 楽で脊椎、下半身の筋肉も強化されて脊柱管狭窄症に無理与えず運動ダイエットもでき、脊柱管狭窄症もより早く、自然治癒、生活完治、再発防止されます。

用語説明(米国シューズ分類基準):処方(RX)シューズとは?
職業、体重、疾患、脊椎側湾、姿勢、骨盤状態、足の長さの差、膝、足首の角度、歩き方、扁平足、足の形に合わせ簡単に個人別カスタマイズフィッティングする専門靴(整形外科インソール基本付き)で、米国医者達が足、足首、脚、膝、股関節、腰保護、予防、リハビリ、矯正、治療に処方(RX)の靴を通称する。つまり、運動する時にスニーカー履いて登山するときは、登山靴履くと同じように病気を予防したり、疾患があってリハビリ、矯正治療時に履く靴が処方(RX)シューズである。

脊柱管狭窄症の手術せずに治る方法が下記のようにあります。...

  • 質問者

    ksf********さん

    2019/7/415:02:00

    ご連絡ありがとうございます。
    この様な靴があることは、知りませんでした、大変参考になりました、ありがとうございます。
    早速ホームページで検索いたしましたが、日本にはなくて韓国に店舗あるようですね、私の認識不足かもしれませんが、この靴を使われた方の感想を知りたいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/7/414:16:52

費用は高額ですよ。保険があってもかなりかかる
それに簡単に考えてはならないし、かなりリスクがある手術になる。

抜粋
脊柱管狭窄症とは、脊髄が納まっている「脊柱管」の一部が通常よりも狭くなり、神経もしくは神経と共に走行する血管が圧迫されることから生じる病気です。加齢に伴う変化として発症することが多く、長く歩くと足が疲れ休み休みでないと歩けない、足がしびれるなどといった症状が現れます。

脊柱管狭窄症は、硬膜嚢こうまくのうの周囲にある靭帯の肥厚や椎間板の突出によって硬膜嚢が狭くなり、神経が圧迫される病気です。脊柱管狭窄症のなかでももっとも多くみられる腰部脊柱管狭窄症は、馬尾神経や神経に伴走する血管が圧迫されることで起こります。

神経や血管への圧迫が原因となって発症するため、少しでも圧迫を解除できるような前傾姿勢をとると症状が和らぐ傾向にあります。杖をつく、シルバーカーを押して歩くなどで症状を緩和することも可能です。しかし、症状が続くことがあるため、リハビリテーションやコルセット、薬の使用や手術療法などの方法が選択されることがある病気です。

原因
脊柱管狭窄症の多くは、加齢により起こります。椎体と椎体の間には水分に富んだ椎間板があり、クッションの役割を果たしています。しかし、加齢により椎間板は徐々に弾力性を失っていき、後部に飛び出すように変性していきます。

また、椎間板が変性して本来の役割を果たせなくなることで、複数の椎骨が積み重なった背骨はグラグラと不安定な状態になります。これにより過剰なストレスを受けた靭帯は分厚くなっていき、脊柱管が狭まっていきます。したがって、脊柱管の狭窄は一種の老化現象とも捉えることができます。その他、生まれつき脊柱管が狭い、「先天性脊柱管狭窄症」を発症することもあります。

また脊柱管狭窄症の発症は、日常生活で腰への負担がかかりやすい姿勢や動作を繰り返すことで誘発されることがあります。また、交通事故や骨粗しょう症、喫煙や運動不足に関連した背骨の圧迫骨折後に脊柱管狭窄症を発症することがあります。

背骨(脊柱)は、椎骨ついこつと呼ばれるいくつもの骨により構成されています。椎骨がいくつも縦に連なり、内部に「脊柱管」と呼ばれる空間が形成されます。脊柱管のなかには、硬膜嚢こうまくのうという液体(脳脊髄液)で満たされた袋が通っており、袋のなかに重要な神経が入っています。神経が集まった脊髄と呼ばれるものが脊柱管のなかに納まっており、脊柱管により外的な刺激から守られています。

首からはじまった脊髄は、当初は神経の束が集まったかたまりの構造をとり、腰の辺りから徐々に様相が異なるようになってきます。神経が一本一本離れたような構造をとるようになり、その見た目が馬の尻尾のような形態をしていることから馬尾ばび神経と呼ばれます。

症状
神経の圧迫のされ方によって症状が異なります。馬尾神経が圧迫されるタイプの脊柱管狭窄症では、間欠性跛行かんけつせいはこうと呼ばれる症状が代表的です。間欠性跛行とは、一定の距離を歩くと足にしびれや痛みが生じ、休む(しゃがむ・座るなど)ことで再び歩けるようになる症状です。休むことなく歩ける距離は、重症度により大きく異なります。数百メートルごとに休憩を挟めば歩けることもあれば、ほとんど歩くことができないこともあります。

その他、下肢のしびれと痛みを自覚するタイプの脊柱管狭窄症もあります。初期には片方の足のみに症状が現れ、進行に従い両足に症状が広がるという経過をたどります。さらに、脊柱管狭窄症では排尿障害を呈することがあります。

検査・診断
脊柱管狭窄症の診断は、レントゲン写真やMRI、脊髄造影などの画像診断をもとに判断します。こうした画像検査を通して椎間板の変化や脊柱管の狭窄具合、中を通る神経への圧迫などを確認します。

治療
薬物療法などの保存的療法が中心となります。また重症度によっては手術療法を選択することがあります。保存的療法では、消炎鎮痛剤をはじめとした薬、コルセットなどの装具、神経ブロック療法や運動療法などの手段を適宜選択します。

保存的療法でも症状の改善がなく、日常生活に支障をきたす状況では手術的な治療介入が検討されます。脊柱管狭窄症の代表的な手術療法としては「拡大開窓術かくだいかいそうじゅつ」があります。そのほか、腰椎後方椎体間固定術、前方侵入椎体固定術などがあります。

脊柱管狭窄症の手術対象者は高齢者が多いこともあり、顕微鏡下手術といったより低侵襲な手術療法も発達しています。術前の合併症のリスクを丹念に確認することも必要です。また再発のリスクについても理解をすることが大切です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる