ここから本文です

一如になったという意味で等覚と呼ばれる等と書かれているのを見ますが、 この一...

mir********さん

2019/7/1400:00:04

一如になったという意味で等覚と呼ばれる等と書かれているのを見ますが、
この一如でなかった者が一如に成るとは、成仏したという意味ではないのですか?

(この例の場合、まだ上に妙覚があります)また、この「なる」という状態変化を示す表現は
一時的な状態も含みますか? 或いは何処かの宗派の僧階等示す言葉だったのでしょうか?(十地経は知ってます)

閲覧数:
68
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kkk********さん

2019/7/2017:34:33

「なる」ではなく「残る」のほうがしっくりきます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/7/20 17:59:53

ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

lme********さん

2019/7/2001:34:10

例えば釈迦牟尼が法華経は自分は理解出来るから妙覚に慣れるからなる。詰り釈迦牟尼は阿羅漢を意味してますね、

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる