ここから本文です

ウィキペディア(Wikipedia)では、『点と線』(松本清張の長編推理小説)の主な登...

nos********さん

2019/7/709:00:25

ウィキペディア(Wikipedia)では、『点と線』(松本清張の長編推理小説)の主な登場人物の欄の「お時」の説明で、赤坂の割烹料亭「小雪」の女中で安田の係。と書かれていますが、孫なのですか?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%B9%E3%81%A8%E7%B7%9A

閲覧数:
24
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pet********さん

2019/7/1101:42:02

孫ではありません。
係です。
ここでいう係とは、「その客に対してのメイン接客担当者」というような意味です。
たとえば旅館に宿泊する際にも「お客様のお部屋を担当させていただきます仲居の○◯でございます。」というのがあったりするかと思いますが、一見さんお断りの高級割烹料亭などでも各座敷や各顧客の接待担当者が決められる場合はあります。
大事な接待で使われたり、客(とくに上客、常連客、上客や常連客からの紹介で特に立てて扱うよう言い含められているような客)の満足度をより一層高いものにするには接客に失礼や不備がわずかでもあってはならないのは当然基本的最低限のことで言うまでもないことですが、無難な接客にとどまらず、各客によって"うまの合う性質"のスタッフというものがあったり、その客の望むであろうもてなしかたがよくわかっている勘所の知れたスタッフが接待を取り仕切った方がよかったりします。
顧客の性格や店の利用目的(仕事上の接待で使っているのか、プライベートなのか)を見極めて女将や支配人が特定の仲居にその座敷や顧客の接待責任者を決めたり、客が「自分が来店した時にはこの仲居さんにぜひ応対してもらいたい」と指名したりということもあります。

お時が安田の係だというのは、安田がお時の勤める割烹料亭に来店した際には、お時がどうしても安田の接待をできないとき(病欠とか)か、安田が「今日はお時さんに担当していただかなくて結構です」とか言わない限り、安田という客をメインで接待するのはお時と決まっているということです。

現在の現実の割烹料亭でのことはまた別に考えた方がよいと思いますが、"松本清張の作品に出てくる"上級国民御用達の高級料亭というのは、"同じく松本清張の作品に出てくる"銀座の会員制高級クラブと似たところがあると思います。
ただ高級素材を腕のいい職人の仕事でより美味しく美しく料理したものを雰囲気のある店内で食べさせるというだけじゃなく、そして通常の範囲で考える良質な接客とプライバシー管理の徹底ということをもう一歩越えた...
松本清張作品に出てくる銀座のクラブのことを言っているのですよ!現実のことは別問題です。
ただ、銀座や新地などの高級クラブでも、「担当」とか「係」という言い方はすると思います。
「安田さんの係(担当)の子は誰ですか?」「安田さんの係(担当)は時ちゃんですよ。」とか、「安田さん最近あのお店に行かなくなったね?」「ああ、係の子(子っていうような歳じゃないけどね)が辞めちゃったらしいからね。」というような。

安田とお時は男女の仲になってましたが、係とか担当とかいうのは本来は、男女関係が出来てるという意味ではないんですよ。
その店でのその客のメイン接客担当者っていう感じです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる