ここから本文です

遊戯王で、デュエルターミナルクロニクルは、稼働を停止した店や、供給を辞めた店...

mus********さん

2019/7/820:52:28

遊戯王で、デュエルターミナルクロニクルは、稼働を停止した店や、供給を辞めた店も多く、流通数が少なかったのはどうしてですか

閲覧数:
7
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

opt********さん

2019/7/1213:24:40

流通量が少なかったというのは、どういう部分ででしょうか?

当方 愛知住みですが、当時は主だったチェーン系カードショップはもちろん、遊戯王を扱っているそれなりの規模のカードゲーム店にはまず間違いなくDT筐体はありました。カードゲーム主体ではないゲーマーズなどにも置いてあったくらいです。

ですので、もちろんカードショップでのシングル販売も豊富でした。
確かにⅣでDTは新弾の供給が終了しましたが、Ⅰ~Ⅳまでで極端に供給の少なかった弾もなかったはずです。

逆に言うと、DT筐体の設置自体が豊富だったため、シリーズのカードがシングルへ流されることがあまりに多く、DT筐体の存在が意味をなさなくなったのかもしれません。なので、KONAMIの経営判断として、シリーズ供給を打ち切ったのではないでしょうか。
ゲーム筐体は必ず、メーカー側の設置店舗へのサポート体制が伴います。その人員コストや、筐体のメンテナンス・交換パーツのコストなどを鑑みてのことなのでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる