ここから本文です

山本五十六の評価。軍神か愚将か。 両極端の評価がありますが、いかがですか。 ...

アバター

ID非公開さん

2019/7/1219:50:59

山本五十六の評価。軍神か愚将か。
両極端の評価がありますが、いかがですか。
私には どうも優柔不断 という印象があります。

補足山本五十六への歴史的評価が見直されつつあるようですが、それにしても、映画やドラマ、五十六を不世出の英雄に描くのが常道ですね。なぜですか。他にもっと讃えていい軍人がいないからですか。

閲覧数:
389
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

he0********さん

2019/7/1300:44:14

山本五十六は大の博打好きでした。従兵が証言していますが、ミッドウェー作戦の時に、「長官、加賀がやられました。」ホーッ。「赤城がやられました」ホーッ。「蒼龍がやられました」ホーッ。「飛龍がやられました」ホーッ。と言いながら将棋をしていたそうです。GF長官ともあろう者が、南方の最前線に行くなんて愚の骨頂です。

  • he0********さん

    2019/7/1301:09:59

    山本五十六は戦死したGF長官です。日本人お得意の判官贔屓になったのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ryo********さん

2019/7/1307:49:19

私利私欲しか考えない小役人だよ。
まともな人間なら絶対反対するよ。俺に任せれば、相手の枕を蹴上げて大上段に振りかぶり・・・・・馬鹿丸出し。
息子も金ほしさに本まで出して・・・厚顔無恥
損害賠償しろよ、慰謝料払えよ。数多くの人たち遺体さえ見つからない。
てめえは、莫大な金をもらい葬式まで、ただだってさ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

urg********さん

2019/7/1220:34:21

指揮官としての資質に欠けます。
もっとも、それは日本海軍の体質の問題でもあり、山本個人がリキんでも空回りするのかもしれませんが。

真珠湾で第二次攻撃をやらなかったことについて
「南雲はやらんよ」といった。
それ、指揮官じゃないでしょ。
第二次攻撃の是非についてはいろいろな意見があり、それはここでは置きます。
「南雲はやらんよ」という言葉には、「やるべきだが、あいつはやらん」という感じがあります。
山本が第二次攻撃をやるべきだと考えていたのなら、「進め、そこがお前の死に場所だ」と叱咤しなければならないのだし、第二次攻撃など必要ない、さっさと帰ってくればいいのだ、と考えているなら「それでいいのだ」と言えばいいのですが「南雲はやらんよ」とは何なのか。指揮権の放棄でしょ。軍人としてあってはならないことです。

shi********さん

2019/7/1220:13:58

「完全に愚将」でしょ?

真珠湾を奇襲攻撃することから完全に間違っていますね。

軍略としても、東條以下だった、と思います。

石原莞爾の1/1000 にも満たない、と思います。


まぁ・・・、日独同盟を批判したり、日米開戦を批判したり・・・、

そ~いった方面では正しかった、ですけどね。

軍人というより、政治家向き、ですね。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる