ここから本文です

リラクゼーションセラピストをしております。

yur********さん

2019/7/1305:53:46

リラクゼーションセラピストをしております。

とても手首が固いようで、
・母指が立ち指になる
・母指を置いた時に手首が上に曲がる
・接地面が狭くなってしまう分、不安定になり 体重をのせようとすると ぐらついて のらない
・手を置いただけで 全く力を入れてなくても、手全体が震える
等々‥があります。
普段から、手首を柔らかくしていく為に良いトレーニング的なものを ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

補足母指と四指の間が他の方より広がらない、広げて置こうとすると 四指か母指が浮かんでしまうというのもあります。

閲覧数:
26
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ate********さん

2019/7/1615:19:13

堂々と指の先で押してください。
あなたの武器になります。
ただ、強くしていく必要があります。

指の先で押すにあたり、どうやって鍛えるか、参考情報。
https://www.youtube.com/watch?v=nT_IZe-KK0M
https://www.youtube.com/watch?v=6MBOK03Jg50
https://www.youtube.com/watch?v=GR3DOoH01nc

私はこの動画の先生のセミナーに行ったこともなければ会ったこともありません。
ただ動画で、カギ指で指の先で押すという選択肢をいただいて、とても助かった経験があるのでご紹介しました。

また、これは他の手技手法にも見られ、たとえば中国整体では「拇指端点法」としてやはり親指の先で押す手技が存在します。
なので邪道ではありません。

手首や四指に力が入りすぎるのは、母指が弱いから手首や他の四指にも力が入ってしまうのです。
強くなれば関係ない指は力が抜けてゆき、だんだんと自然にさりげない支えになるでしょう。

がんばってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

war********さん

2019/7/1409:10:27

リラクゼーションの場合は拇指が反らないのはかなり不利でしょうね。
ただ、それは体質なので無理をして反らそうとすると壊してしまう可能性が有りますので、諦めてください。
他の指は反らす様なストレッチで少しは改善出来るかも知れません。

あなたの様な手の場合は力を使わずに技でカバーするしかないので、腕の良い人に教わった方が良いです。
私はあん摩マッサージ指圧師で、類似した人にも手技等を教えていますが、素質が有れば直ぐに腕は上がりますよ。

kor********さん

2019/7/1318:11:55

大阪の治療師です

他の回答者様も書いてますが、「立ち指になる」は利点でしかありません。
その他の問題(?)は残念ですがただの基礎練習不足、テクニック不足だと思いますよ…

meg********さん

2019/7/1306:16:04

立ち指というのは、母指の第一関節の反りが少ないということですか?
それなら逆にプラスだと思うのですが、その後の文がイマイチ理解出来ません。

母指を置いた時に手首が上に曲がる?
良かったら画像載せてもらえませんか?

接地面が狭いというのは両母指を置いた状態の事ですか?
それでぐらつくのは体幹の筋力が足りないのでは?

しかし、最後の手を置いただけで手全体が震える?
ちょっとヤバすぎませんか?
それは筋力の問題ですらないと思います。
病院で診察してもらった方が良い様に思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる