ここから本文です

電気工事業を行なっている者です。 一般用電気工作物の定義について調べていて疑...

ytp********さん

2019/7/1314:25:46

電気工事業を行なっている者です。
一般用電気工作物の定義について調べていて疑問に感じたのですが、電力会社の電気メーターを取付る合成樹脂製の板は、一般用電気工作物に当てはまるのでしょうか?

閲覧数:
40
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iwa********さん

2019/7/1314:31:42

グレーゾーンじゃないでしょうか。
電柱や発電用ダムや水路も電気工作物になるわけですから、メーターを取り付ける板も電気工作物でしょう。
ただし、メーターがない状態で板だけを取り付ける時は除外される気がします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kis********さん

2019/7/1318:21:26

電力量計を取付ける板と解釈します。
電力量計は木の板、樹脂製板などで固定して機能を発揮させるのが常識です。従って当該固定に寄与する部分が電気工作物となります。

キュービクルの木製板に電力量計が取付けてあるのと同じ理屈です。

質問の樹脂製板の長さが100mあり、端の1mしか電力量計の固定に役立っていないとすれば、残りの99mは電気工作物ではありません。要は当該電気品の機能を発揮させるのに役立っている部分が電気工作物を構成しているものとテキトーに解釈するのです。

ele********さん

2019/7/1315:15:59

電力量計は電気機器ではなく、計量器です。
つまり計量法の範疇なので、電気工作物の区分には入りません。

ただし、大型過ぎる木製の板などへ電力量計を取り付けた時、木製の板にまでサドル等により電線を固定する必要ができてしまうので、そうなってしまうと支持物と判断され、電気工作物となる可能性があります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる