ここから本文です

諸葛亮孔明は、北伐の前に南蛮征伐をしましたが、さらに南蛮を反映させて今のミャ...

fin********さん

2019/7/1323:28:00

諸葛亮孔明は、北伐の前に南蛮征伐をしましたが、さらに南蛮を反映させて今のミャンマーくらいまで進軍し平定して南に領土を拡大していれば、いずれは蜀を魏に匹敵する大国にすることもできたと思いますが、いかがで

しょうか?

閲覧数:
96
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

kou********さん

2019/7/1418:16:29

地理的な問題もありますよね。
雲南からミャンマーへ向かう方向って山岳地帯で、なおかつ密林地帯ですからね。

比較的開けているベトナム方面は、すでに呉の支配圏ですから、そっちへの進出は無理ですし。

まあ、はっきりいって、ムリゲーです。

当時の輸送力を考えても、山岳ジャングル地帯を行軍するのはたぶん、物理的に無理。ジャングル道半ばで兵糧が尽きるでしょう。
北伐ですら諸葛亮は輸送に苦労してるんですから。

途中に大きな都市でもあれば、略奪でもなんでもできるかもしれませんけど、そんなもんないですしね。

そして、先にあるご回答のとおりで、何もない土地を切り開き、インフラを整備し、行政をいきわたらせるのは大変です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ser********さん

2019/7/1418:01:12

国が大きくなるというのは、領土が広くなることではなく、どれだけ、生産拠点を多く擁するかという事です。南に領土を拡大して、生産拠点を育てるのに、何十年かかるでしょうか?それまで、曹魏と孫呉には静観していただかなくてはなりませんけど。

kan********さん

2019/7/1412:25:25

なんで開けた都会を目指さず辺境の山奥を平定せにゃならんのですか。文明から離れた未開の地で中華の文明も言語も通じないような未開の地を、いくら平定したって国力なんか増えません。それなら既に基本的な開発も終わって西域との交易ルートにもなっている涼州の制圧を目指した方が全然手っ取り早いしメリットも大きいです。
仮に南方を平定したとして、切り開いて農地を増やし、教育を施して文化レベルを向上させて国力増に繋げるためには相応のリソース(人的、物的、時間的etc.)が必要ですが、ただでさえ各種資源の少ない蜀漢にそんな余裕があるとでも?

で、仮にそれを進めて「魏に匹敵する大国」になったとして、それが達成出来るまで魏が指くわえて見てるとでも思うんですかね?私が魏の皇帝なり司令官なりだったら、そんな隙は絶対見逃しませんけどね?

プロフィール画像

カテゴリマスター

goo********さん

2019/7/1402:23:31

領土を広げたからといって、それがすぐに生産力を挙げ蜀の国力の急激アップにつながるというわけではありません。
時間がかかります。

孔明はもっと蜀の国力が充実するまで待ってから北伐すべきだったと思いますが、この時点で孔明は50歳近くであり(当時は晩年)、今やらねば時期を逸してしまい自分の死後に蜀の政・官・軍を束ねる後継者を考えると心もとないという気持ちが強かったと思う。そのため北伐を強行した。

孔明としては南蛮平定は蜀の背後を脅かさないように処理平定すればそれでよかった。領土を広げようという野心は持たなかったと思う。
とにかく先帝の遺志を全うすることが大事で、事を急いでいた。

だから南蛮を広域に支配下に置こうという考えは持たなかったでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

uma********さん

2019/7/1401:39:06

そんな遠くまで遠征している間に、成都を攻められたらひとたまりもない。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる