ここから本文です

ヴァイオリン 再度、ビブラートについて 最近練習をしていて、楽器を水平に構え...

smo********さん

2019/7/1501:50:43

ヴァイオリン 再度、ビブラートについて

最近練習をしていて、楽器を水平に構えた時にビブラートがかかりやすいような気がしました。
左手指の伸縮をまっすぐ受け止めるような感覚がありました。

これは、単なる気のせいでしょうか?

閲覧数:
77
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

lab********さん

2019/7/1508:28:03

ヴァイオリンをウクレレの様に持っても、ヴィブラートの掛かり方は同じなので、楽器が水平かどうかは、関係が無いと思います。

左手指が硬い場合、ヴィブラートを掛けると大きく楽器が揺れるので、楽器を固定していた方が、ヴィブラートが掛かり易いと思います。

その様な事情があり、ヴィブラートの練習をする時には、スクロールを適当な高さの台に乗せるか、スクロールを壁に押し当てて練習してみる事を推奨しています。

楽器が固定された状態でヴィブラートが掛かると、指が柔らかくなり、楽器を固定しなくても、大きく楽器が揺れず、掛ける事が出来る様になります。

楽器を固定して掛けなければ成らない、とか、楽器を水平にして掛けなければ成らない、ではなく、楽器を水平にしたらヴィブラートが掛かり易いのであれば、楽器を水平にして、掛けてみるのも、練習に成ると思います。

更に、ヴィブラートの練習の時に、重音を押さえる、という練習法が有ります。指の柔軟性を養うのに、単音依も効果的ですが、時として左手を痛めてしまう事が有るので、痛めないだろう、という持ち方と、柔軟性がある事が見込まれる人に対して、有効な練習だと思います。

この人が適応です。
https://youtu.be/GrzCwd-0pS0
指が未だ不器用だから、速いヴィブラートが掛けられて居なくて、ヴィブラートで楽器が揺れているので、重音でヴィブラートを掛けさせると、単音でのヴィブラートが楽に成ります。この人、技術的に稚拙でも、「音」と「運指・運弓」が完全結合していますから、上手です。

  • 質問者

    smo********さん

    2019/7/1510:40:30

    labia1901さん、引き続きリクエストにお応えいただき、ありがとうございます。

    >楽器が水平かどうかは、関係が無いと思います

    そうですか…。
    良い気付きを得られたと思っていたのですが(汗)

    今取り組んでいる(レッスンの方の)課題が、ビブラート命、みたいな曲なので、色々試して悪戦苦闘しています。
    特にかかりにくい(かけられない…)のは、G線のハイポジです。


    >「音」と「運指・運弓」が完全結合しています

    今更ながらで恐縮ですが、「完全結合」している演奏とそうでないものの違いが分かりません。
    というか、「完全結合」していない演奏とは、具体的にどんな状態を指すのでしょうか?

    左手と右手がシンクロしていない(←自分)、とかでしょうか。




  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/7/15 11:48:12

ご返信感謝します。
リクエストにお応えいただき、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

質問が重複しておりました。

コチラに回答したとおりです。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q142105492...

フォーレのピアノ四重奏曲第1番、第2番の”1stヴァイオリン”を弾いたことがある私が言うのですから、
間違いありません。

質問が重複しておりました。

コチラに回答したとおりです。
↓...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる