ここから本文です

数値解析のオイラー法について質問です。 今プログラミングでオイラー法と修正...

ipv********さん

2019/7/1504:07:10

数値解析のオイラー法について質問です。

今プログラミングでオイラー法と修正オイラー法を使って2種類の自由落下のデータを算出しているのですが、これらと真値との誤差がある刻み幅を超えると離れた値になり、下回

るとほぼ同じ誤差をとりました。
これはいったいどういった原理なのでしょうか。

初めてなので文章が下手ですがよろしくお願いします。

閲覧数:
15
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

aho********さん

2019/7/2118:28:50

・ 真値には刻み幅を限りなく小さくしていくことで十分に寄って行ける。
- なので差があまり出ない。

・ 刻み幅や計算量・所要記憶容量などのリソースと演算精度のバランスを取るのがアルゴリスム改善の醍醐味である。
- この場合は刻み幅(∝−1 演算量)と演算精度がそうなっている

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる