ここから本文です

韓国がホワイトから外されて、これほどまでに過剰な反発をしてくるのは、本当に横...

pp_********さん

2019/7/1622:26:49

韓国がホワイトから外されて、これほどまでに過剰な反発をしてくるのは、本当に横流ししてたから、じゃないですか?ほぼ確実と思えるのですが。

閲覧数:
235
回答数:
16

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

sen********さん

2019/7/1622:38:35

必要量の3倍輸入してたようだから。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

new********さん

2019/7/2300:07:35

確実過ぎますね

やってなきゃ
資料をさらっと出します

goo********さん

2019/7/2300:04:09

こんなに右往左往して戸惑っているところは可笑しいです。
何か有るとみなすべきです。慌てすぎです。ムン大統領は曲者です。

has********さん

2019/7/1713:03:22

日本からの問い合わせに「全無視」だからね。
そう思われても仕方ないだろうし
そうとしか思えません。

ejf********さん

2019/7/1623:18:25

●【産経FNN合同調査】対韓輸出管理強化 70%が政府対応支持
2019.7.16 12:15
https://www.sankei.com/politics/news/190716/plt1907160021-n1.html
産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は14、15両日に合同世論調査を実施した。
政府が韓国向け半導体材料の輸出管理を強化したことについて、政府の対応を
「支持する」との回答が70.7%に上り、
「支持しない」の14.9%を大きく上回った。
韓国は措置に反発し、いわゆる徴用工問題などでも国際法を守らない事態が続くが、
「韓国は信頼できる国だと思うか」
との質問には
74.7%が「思わない」と答えた。
輸出管理強化に関し、政府は安全保障上の観点から
「不適切な事案があった」
と説明している。
その具体的内容を公表すべきだと思うかどうかについては、
「思う」が66.6%、
「思わない」が22.3%
だった。

●韓国、兵器関連物資の違法輸出摘発 シリアやイランへも
ソウル=武田肇 2019年7月11日11時45分
https://www.asahi.com/articles/ASM7C32QSM7CUHBI00X.html
韓国の産業通商資源省が10日に発表した、武器転用可能な戦略物資の違法輸出の摘発状況。
2015年から19年3月までに156件の摘発があったとしている
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20190711001703.html
韓国の産業通商資源省は10日、2015年から19年3月までに、武器製造に転用可能な戦略物資の韓国からの違法輸出を156件摘発したと発表した。
その内訳を記した同省の内部資料によると、北朝鮮と関係が深いシリアやイランなどへの違法輸出も含まれていた。
この資料は、輸出品目や輸出先を示した
「無許可輸出摘発と措置の詳細内訳」。
18年3月に生物兵器製造に転用可能とされる
「生物安全キャビネット」
がシリアに、
今年1月には化学兵器製造に関わるとされる
「ジエチルアミン」
がイランへ
違法輸出される事例を摘発したことなどが記されている。
同省は摘発した156件について、水際で防いだものか、実際に密輸された後に判明したものか明らかにしていない。
日本が輸出規制の強化対象にした日本産フッ化水素は、摘発に含まれていないとしている。
日本側が
「輸出管理上の不適切な事案」
があるとして、半導体製造材料などの輸出規制を強化する中で、韓国の輸出管理の実態を示す材料になりそうだ。
韓国の産業通商資源省幹部は11日に記者会見し、
「不正摘発件数が多いという理由で輸出管理制度の実効性を疑うことは、(韓国よりも)摘発件数が多い米国の輸出管理制度を信頼できないと主張することと大差ない」
と反論した。
(ソウル=武田肇)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

dnf********さん

2019/7/1623:15:39

今までの日本の対応が甘すぎた。
だから日本はずっとなめられ、損ばかりしてきた。
日本に強く出れば最後は日本が折れて譲歩してくることを韓国は学習していた。
日本は今回初めてまともな対応をしている。
だから韓国は狼狽している。
日本はこの調子でやるべきことを粛々とやるべきだ。
日本の対処はまだ始まったばかりで、対処余地はまだ十分にある。
だが、日本はくれぐれも気を抜かないように。

●【主張】韓国の不正輸出 責任ある行動をまず示せ
2019.7.15 05:00
https://www.sankei.com/column/news/190715/clm1907150002-n1.html
やはりそうか、と言うべきか。
韓国が摘発した戦略物資の不正輸出が急増し、この4年余りで156件に上ることが分かった。
北朝鮮と友好関係にあるイランなどに大量破壊兵器製造に使われる物資を流す例まである。
危険極まる不正の横行に驚くほかない。
ところが、韓国側の認識は違うようだ。
摘発増加は輸出管理制度を効果的に運用している証左であり、これを疑い韓国への輸出管理を厳格化した日本は不当である。
そう訴えたいようだ。
もちろん、額面通りに受け取ることなどできない。
摘発を逃れた不正輸出も同時に増えているのではないか。
そこがはっきりしないようでは、韓国の輸出管理は甘いという懸念を拭えない。
むしろ不信は強まるばかりだ。
12日には日韓当局者の会合があった。
日本に措置の撤回を求めたいなら、その前にやるべきことがある。
韓国自らが輸出管理体制の不備を改めることである。
後先を間違えてはならない。
2015年に14件だった件数が17、18年は40件台、今年は3月までに30件を超えた。
化学兵器の原料に転用できる物資をパキスタンに、サリン原料をイランに、生物兵器製造に転用可能な資機材をシリアに流した事例などがある。
極めて憂慮すべき事態だ。
これらの国を経由して北朝鮮に戦略物資が流れた可能性はないのか。
そうであるなら、日本の安全保障を大きく揺るがしかねない。
摘発といっても、どこまで水際で防げたのかも判然としない。
すでに流出しているなら追跡は困難だろう。
日本の輸出品は韓国内で適正に管理できているか。
韓国はこれらを詳(つまび)らかにすべきだ。
かねて日本は、輸出管理の体制整備が不十分だと韓国に懸念を示してきた。
例えば日本が輸出手続きの簡素化を認めている大半の国は通常兵器関連の規制を確立しているが、韓国は制度が整っていない。
それらが抜本的に改善されるという確信を持てるかである。
耳を疑うのは、康京和外相が米国のポンペオ国務長官との電話会談で日本を批判し、米企業にも悪影響が及ぶと訴えたことだ。
米国に泣きついて仲裁してもらおうと考えているなら、心得違いもはなはだしい。
韓国に問われているのは、すでに失墜している自国への信頼を回復させる責任ある行動を取れるかどうかである。

●生物・化学兵器関連68件 VX・サリン原料など 韓国不正輸出
2019.7.13 07:05
https://www.sankei.com/world/news/190713/wor1907130002-n1.html
大量破壊兵器に転用可能な物資が韓国から北朝鮮の友好国などに不正輸出されていた問題で2016年1月から今年3月までに韓国政府が行政処分(摘発)した142件のうち68件が生物・化学(BC)兵器関連の物資だったことが分かった。
BC兵器は製造コストの面から
「貧者の核兵器」
とも言われテロ組織・国家への拡散防止が世界的な課題だ。
日本政府は実態を重くみており物資の仕様や納入の時期などについて韓国に説明を求めるとみられる。
日本政府が入手している情報によると韓国の産業通商資源省は2016年から3年あまりの間に不正輸出142件を摘発した。
このうちBC兵器関連は
▽VXの原料「ジイソプロピルアミン」
▽サリンの原料「フッ化ナトリウム」
▽青酸ガスの原料「シアン化ナトリウム」
▽サリンの原料、核兵器製造(ウラン濃縮)「フッ化水素酸」
▽化学兵器生成「ジエチルアミン」
▽化学兵器生成「フッ化カリウム」
▽ウイルス兵器研究に用いられる「トリインフルエンザ」
などの物質。
他にBC兵器の研究・製造に転用可能な
「熱交換器」
「遠心分離器」
「加熱管」
「バルブ」
といった幅広い物品が含まれていた。
こうした物資は北朝鮮と友好関係にあるイランやシリア、パキスタンなどに流通した疑いがある。
BC兵器は核兵器に比べて材料の入手や製造が容易で殺傷効果が一定時間継続するため兵士や市民を萎縮させる効果もある。
国際的な拡散防止の枠組みである
「オーストラリア・グループ(AG)」
はBC兵器関連物資を規制対象としている。
日本政府はAG規制を重視しており韓国の輸出管理状況について引き続き注視する構えだ。

●韓国企業がイラン、シリアへ不正輸出 大量破壊兵器関連物資 国際管理に抵触
2019.7.11 05:00
https://www.sankei.com/world/news/190711/wor1907110002-n1.html
生物・化学兵器を含む大量破壊兵器製造に転用可能な物資をシリアやイランなど北朝鮮の友好国に不正輸出したとして、韓国政府が複数の韓国企業を行政処分していたことが10日、日本政府関係者への取材で分かった。
日本側は韓国向けの輸出規制強化の背景として、
「輸出管理上の不適切な事案」
を指摘。
韓国側は世界貿易機関(WTO)の物品貿易理事会で
「貿易をゆがめる措置だ」
などと撤回を求めているが、多数の企業が不正輸出を企図し、摘発されている事実は、韓国における戦略物資の不正な国際流通に対する甘い認識を浮き彫りにした格好だ。
政府関係者によると不正輸出企業への行政処分の状況は、韓国で貿易管理を担当する産業通商資源省が作成した
「戦略物資無許可輸出摘発現況」
で判明した。
文書には2016年1月から今年3月までの間に142件が処分対象となった事実が記載されている。
またそれぞれの不正輸出について、
「処分日時」
「違反業者」
「輸出物資」
「輸出先」
「金額」
のほか、行政処分の種類と抵触する国際取り決めが記されている。
北朝鮮との友好関係にある国々への主な不正輸出では、
化学兵器原料に転用できる
「ジイソプロピルアミン」【化学兵器原料】
がパキスタンに
サリン原料の
「フッ化ナトリウム」【化学兵器(サリン)原料】
がイランに
生物兵器製造に転用可能な
「生物安全キャビネット」【生物兵器製造資機材】
がシリアに
致死性ガス原料の
「シアン化ナトリウム」【化学兵器(青酸ガス)原料】
が赤道ギニアに
核兵器製造・化学兵器原料の
「フッ化水素酸」【核兵器(ウラン濃縮)製造、化学兵器(サリン)原料】
がアラブ首長国連邦に
「バルブ」【生物・化学・核兵器に製造】
がイランに
といった事例が明記されている。
パキスタンやイラン、シリアに生物化学兵器関連物資を不正に輸出する行為は国際的な貿易管理の枠組みである
「オーストラリア・グループ」
に触れ、加盟各国が不正流通を強く警戒している。
また、日本政府による規制の対象となった
「フッ化水素(酸)」
もアラブ首長国連邦に密輸されていた。
韓国政府は不正輸出について刑事事件の対象となったかどうかや個別の企業名を公表しない姿勢を取っている。
不正輸出が後を絶たない背景には、韓国の罰則や処分の運用が甘く、抑止効果を発揮できないことがあるとの指摘も出ている。

●【独自】韓国から戦略物資の密輸出 4年で156件 韓国政府資料入手で“実態”判明
2019年7月10日 水曜 午前11:45
https://www.fnn.jp/posts/00420563CX/201907101145_CX_CX
韓国の輸出管理体制に疑問符がつく実態がうかがえる資料を、FNNが入手した。
韓国から兵器に転用できる戦略物資が密輸出された案件が、4年間で156件にのぼることが明らかになった。
FNNが入手した韓国政府作成のリストによると、2015年から2019年3月にかけ、戦略物資が韓国から流出した密輸出案件は、156件にのぼることがわかった。
北朝鮮の金正男氏暗殺の際に使用された神経剤「VX」の原料がマレーシアなどに密輸出されたほか、今回の日本の輸出優遇撤廃措置に含まれるフッ化水素も、UAE(アラブ首長国連邦)などに密輸出されていた。
国連安保理北朝鮮制裁委員会のパネル委員だった古川勝久氏は
「大量破壊兵器関連の規制品をめぐる輸出規制違反事件がこれほど摘発されていたのに、韓国政府がこれまで公表していなかったことに驚いている」、
「この情報を見るかぎり、韓国をホワイト国として扱うのは難しいのではないか」
とコメントしている。
野上官房副長官は、10日午前、日本政府の方針について、
「今回の措置は、WTO(世界貿易機関)で認められている安全保障のための輸出管理制度の適切な運用に必要な見直しだ」
とあらためて強調したうえで、韓国からの戦略物資の密輸出について、
「韓国の輸出管理については、適切な輸出管理が行われていないと懸念される事例があると承知しているが、個別の事例について答えることは差し控える」
と述べた。

今までの日本の対応が甘すぎた。
だから日本はずっとなめられ、損ばかりしてきた。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる