サムスンはファウンドリの世界王者であるTSMCに対抗するために、大きな工場を建てました。 そこではApple、クアルコム、AMDといった顧客に向けて高集積なプロセッサの製造を行うようです。

サムスンはファウンドリの世界王者であるTSMCに対抗するために、大きな工場を建てました。 そこではApple、クアルコム、AMDといった顧客に向けて高集積なプロセッサの製造を行うようです。 そこで質問です。韓国は日本からホワイト国を外されたため、サムスンは日本でしか製造していない高品質なフォトレジストやエッチングガスの入手が以前より難しくなるとして世間が騒いでいます。 ホワイト国でない台湾のTSMCが全く問題なく入手できていることについてなぜ誰も指摘しないのですか?

国際情勢 | 工学201閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

>「そこではApple、クアルコム、AMDといった顧客に向けて高集積なプロセッサの製造を行うようです」 Apple社のiPhome向けCPU A10~A13はTSMCが独占受注しました/します。 AMDはGlobalfoundriesを利用するでしょう。 クアルコムが「高集積なプロセッサ」を販売したがっているのは本当ですね。数はさほど出ていません。 >「ホワイト国でない台湾のTSMCが全く問題なく入手できていることについてなぜ誰も指摘しないのですか?」 指摘も何も、粛々と日本から購入しているに過ぎません。それが騒ぎになるのなら、イスラエルやフィリピン、マレーシアといった非ホワイト国が普通に最新の高性能半導体の生産を行えてる事も騒がないといけなくなる。 何で、台湾だけ特別視するのだろうか?

その他の回答(1件)

0

それどころかDRAMが止まります。 サムソン、ハイニクスで世界の3/4以上を 占め、その残は米のマイクロン。 フラッシュは東芝などが頑張るから少し事情 は緩和。 韓国外しに対応して工場を立ち上げるには 最低二年でしょう。 中国はその前から狙っていたが、摩擦で設備 が止められた。 どう決着しても日本の材料優位はおさらば・・