ここから本文です

陶芸の質問 釉裏紅(辰砂)の説明で酸化銅と書かれていますが辰砂とは硫化水銀のこ...

coi********さん

2019/7/1917:18:37

陶芸の質問 釉裏紅(辰砂)の説明で酸化銅と書かれていますが辰砂とは硫化水銀のことだと思いますが

閲覧数:
18
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

xmb********さん

編集あり2019/7/1921:27:04

陶芸の釉裏紅と辰砂は別物と考えて下さい。釉裏紅といった場合は、下絵の具でいう銅による赤の色絵の具です。辰砂という場合は、釉薬として銅を還元焼成した場合に得られる赤色をさしていう場合です。さて辰砂釉の銅による赤の色が絵画の絵の具で使われる硫化水銀の赤色と似ているため辰砂といったものです。
陶芸では硫化水銀は使いません。

質問した人からのコメント

2019/7/21 13:24:08

業界によって違うのですね

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2019/7/1918:33:14

そうです。
辰砂は硫化水銀のことです。
ただし、現在ではその代用として酸化銅を使ってるので、旧来の赤の顔料である辰砂の名称をそのまま使ってるのでしょう。

cra********さん

2019/7/1918:30:07

説明がありました。本来は硫化水銀のことだけど紅色の発色を辰砂と呼んだそうです。

https://www.umakato.jp/column_ceramic/a_vol31.html

Yahoo!知恵袋 特別企画

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる