パソコン作成者は、パソコン使用者が1日何時間使用することを想定して作成しているのですか?

パソコン作成者は、パソコン使用者が1日何時間使用することを想定して作成しているのですか?

Windows 10 | 工学78閲覧

ベストアンサー

0

パソコンといっても様々な種類があるので偏にはいえませんが、通常使いの範囲では1日何時間使っても壊れないようには耐久テストを行っているとおもいますよ。 数十時間、数百時間連続で動かし続けたくらいで壊れたらどうしようもないですから。サーバーなどは永遠に動かしていますし。 壊れるといっても、パーツ全てが一気に壊れるわけではありませんから、壊れたパーツさえ交換すれば寿命は半永久的です。

その他の回答(4件)

0

設計は開発者でしょうし製造は「製作者」でしょう。 細かいことですが製作と作成の違いを知りましょう。

0

今の時代、業務によっては24時間ずっと稼働するパソコンもあるのに、1日何時間とかで作ってたら、数カ月で壊れちゃうね。

1

教えてあげたいが、サラリーマンには守秘義務ってもんがあって教えられない。 例えば、〇〇の部品は寿命〇〇年を確保するために、〇〇を〇〇とするとかしか書けない。

1人がナイス!しています

0

「パソコン作成者」って普通言わん。開発者。 パソコンの環境・信頼性試験の経験があるけど、耐久性的な試験は常温でなく、0℃とか40℃でやっている(動作保証範囲がそれくらいなので)。テストするのはメカ的な可動部(キーボードやディスプレイのヒンジなど)を何回動かしても大丈夫かというもの(回数は企業秘密)。輸送中の振動や箱を落としたときなどの衝撃に耐えられるかの試験もやっている。 標高2000mでも動作するか見るために減圧下での動作試験もやっているし、ホコリまみれの環境で長時間動かしたときにヒートシンクが目詰まりしないかも見ている。1日8時間使って5年で15000時間くらいになるけど、15000時間(1年8か月)も動作させる試験などはしない(できない)。

lov44444444の質問履歴を見ると、回答があってもお礼もしないで知らん顔主義のコミュ障害者か。回答が1件もつかない質問も多いのはブラック質問者だからなのかな。