ここから本文です

本能寺の変は、成功したから「変」の字を当てているのですか。 織田信長を殺し...

unk********さん

2019/8/122:19:21

本能寺の変は、成功したから「変」の字を当てているのですか。

織田信長を殺し、息子の信忠まで攻め滅ぼしています。成功ですよね。
ゆえに「変」になっているわけですか。

秀吉が中国大返しで備中高松から急ぎ引き返して来て、摂津の高山右近や中川清秀などを糾合して山崎の戦いで明智光秀を破って、光秀は小栗栖の竹やぶで農民の竹やりに殺されます。
けれど、本能寺の変には変わりはないわけですか。
その後の山崎の戦いの勝敗の如何にかかわらずに、本能寺の変なわけですか。
山崎で勝っていたら、呼び名も違う呼び名になっているのですか。

閲覧数:
93
回答数:
8
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2019/8/213:00:02

変はインシデント、事件です。
乱はウォー、戦争です。
単なる規模の違い。一日(一瞬)で終われば変、何ケ月(何年)か続けば乱です。
もちろん線引きは曖昧で主観的なところもあります。
しかし、成功か失敗かで分けるわけではありません。
ただし。
「変」というのは、犯罪事件ですから、ある程度「加害者」と「被害者」が分かりやすい。そのため「変」と呼ばれるものには暗殺、叛逆、政権転覆、という性格のものが多い傾向は、確かにあります。
「乱」は戦争、つまり内乱です。戦争ですから、関係は対等です。「どっちが加害者でどっちが被害者」ってのはありません。「どっちが正義でどっちが悪」というのもありません。あえていえば、最後に勝ったほうが正義です。もちろん、どっちが勝ったかわからんうちに終わるものもあります。
とにかく、「乱」というのは一定期間続く騒乱で、「変」というのは一瞬でカタがつく類の事件です。結果とか関係性で呼び名が決まるわけではありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nob********さん

2019/8/323:29:40

禁門の変は成功しとらんで

vox********さん

2019/8/311:50:28

変とは権力者が倒された事件です。
本能寺の変だけでなく、
幕末に起きた桜田門外の変で殺された
井伊直弼大老も権力者であるため、
変は権力者殺害事件といってもいいでしょう。
乱とは国のトップや政府など権力者グループに対する反乱やいくつもの戦が続く戦争などに使われます。
有名なものでいうと
天皇である大友皇子(弘文天皇とも)
に反乱を起こした大海人皇子と戦った
「壬申の乱」や
幕府の後継争いから始まった「応仁の乱」
などです。
陣は権力者の命令により、
支配下の軍勢が参加した戦。
大坂の陣はトップである幕府の徳川家康の命令により伊達政宗・上杉景勝・松平忠直などの武将が出陣し大坂城の豊臣家を攻めた戦であるため、まさに陣が使われる戦でしょうね。
〇〇攻めとは広い地域に攻め入ること。
例えば秀吉が大友、鍋島、島津家に対し
兵を出した九州攻めや
関東を拠点とする北条家を滅ぼすため
秀吉が兵を出した小田原攻め。
攻めは征伐や平定などにも入る。
〇〇戦争は
国家vs.国家や明治時代後の大きな戦争など。
例えば明治政府と旧江戸幕府が戦った
戊辰戦争や
西郷隆盛が政府に反旗を翻した
西南戦争なども有名ですね。
役は主には外国との戦争で使われています。
例えば元が攻めてきた文永・弘安の役
や秀吉が朝鮮を攻めた文禄・慶長の役
などです。

bir********さん

2019/8/212:41:57

桜田門外の変というのが、あります。
当時、徳川幕府の大老の地位にあった
井伊直弼が水戸浪士らに討たれた。
井伊直弼を襲った集団は合戦を
成すような人数も武力も無く
本能寺の変を引き起こした明智軍とは
比べ物にならないほどの小さい勢力で
、にも関わらず変という命名が、
されており権力上位の者が、それより
下位の者に倒される出来事を変と
呼ぶのでしょう。
中大兄皇子が蘇我入鹿を討ったのに
何とかの変という名付け、される
場合あるのは当時、同皇子より
蘇我入鹿のほうが権力的には上位
だったからでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/8/200:20:13

成功したら「乱」が「変」に格上げされるというのは、
事実に反した解釈だと思います。

例えば、幕末の禁門の変では、首謀者の長州藩は敗れ去りますが、
「変」と呼ばれているし、鎌倉幕府を打倒すべく、
後醍醐天皇が立ち上がった正中の変も、この時は天皇側が敗北しました。
さらに、歴史をさかのぼれば、伴大納言が藤原氏排斥を図ったとされる、
応天門の変も、伴氏の側が敗れ去っています。

「変」とは政変の変であり、政治体制の変革を目的とした、
クーデター計画で、成否は関係ないのだと思います。
また、クーデター計画のため、戦乱の規模は必ずしも大きくなく、
短期的に終結している傾向があります。

ただ、ややこしいのは、承久の「変」、元弘の「変」といった、
天皇が首謀者となった大規模争乱も、「変」と呼ぶ場合があり、
ややこしくなっているのでしょう。
これは、天皇が直接関与した戦争に、「乱」という字を用いる事を、
戦前の歴史学者が、憚ったからだと考えられます。
しかし、今日では、このふたつの騒乱は、承久の乱、元弘の乱と、
教科書上では書かれる事が多いようです。

だから、「変」は政治クーデター事件で、「乱」は内戦事件、
という理解で良いのではないでしょうか。

sto********さん

2019/8/123:03:40

最近は、「変」と「乱」の使い分けについての質問が多いですね。
当時の一次史料で、信長・信忠親子の生害と共に事変と記されている『蓮成院記録』『日々記』こともあり、「本能寺の変」なのでしょう。

私は失敗しても、本能寺を襲撃すれば「本能寺の変」で変わらないと考えていますよ。

歴史上、失敗しても「変」を充てる事件は幾つかありますから。
当時の天下人・信長を家臣が襲撃する大事件なので「変」が相応しいです。

山崎の戦いに勝ったとしても、天下人を自害させた事変を「本能寺の変」と別個に扱うと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる