ここから本文です

もし桶狭間の戦いで今川義元が勝って織田領を制圧できたとしても、1560年当時畿内...

s52********さん

2019/8/210:39:06

もし桶狭間の戦いで今川義元が勝って織田領を制圧できたとしても、1560年当時畿内で最大勢力だった三好長慶と対決することはできたんですか?

閲覧数:
47
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ban********さん

2019/8/210:56:03

今川義元が上洛を目指して軍を起こした、と考えているひとは、今やほとんどいません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fxc********さん

2019/8/308:56:02

美濃の斎藤、近江の浅井、越前の朝倉、伊勢の北畠を傘下に加えた上で上洛すれば、三好長慶など一蹴できるでしょう。

met********さん

2019/8/307:50:05

今川の上洛は半世紀前の大内義興の上洛の二の舞となったでしょう。

1492年に明応の政変というのが起きて幕府が大混乱になりました。
元足利義政・義尚支持の政治勢力に担がれた足利義澄と元足利義視支持の勢力に担がれた足利義材が、ともに我こそが正統の足利将軍なりと並び立ったのです。
これを収拾するために西国の雄であった大内義興が傘下の国人領主たちを引き連れて上洛しました。

一旦は収拾に成功し、その功績で大内は幕府の管領代兼将軍後見人となって、江戸時代で言えば井伊直弼のような立場になりました。

しかし、反対勢力を根絶できなかったためにいつまでも京都を離れることができず、長滞陣から国人領主の「尼子に所領を侵される、カアちゃんたちを間男に寝とられる」との悲鳴が湧き上がって、結局中途半端なまま京都を撤収することになりました。

大内はこれがもとで支配力に陰りを生じ、次の義隆の時代に家臣の謀反で滅びることになります。

今川も将軍御連枝とは言え今いる将軍を押し退けて将軍になることは憚られるでしょうからせいぜい副将軍就任でしょう。
完全制圧ができずにずるずると京都に長滞陣すれば傘下の国人たちから悲鳴が上がります。
たけだ、北条との三国平和同盟も自分に実力があってこそのものですから、今川が京で立ち枯れになれば武田は侵略を開始し、織田も信長の遺族を立てて西から侵入してくる。

結局今川も大内と同様に京都進出が仇となって滅びることになったでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

jun********さん

2019/8/211:25:03

その前に、まだ、美濃・伊勢・近江といった緩衝地帯が残っていて、
こちらをある程度、征服してからでないと、
三好家にとっては、脅威になりません。

仮に、この三国をある程度掌握できれば、十分可能です。
史実の織田信長の上洛時よりも、さらに強大な力になりますから。
三好家の支配力は、畿内という先進地帯が基盤だったため、
地方の戦国大名ほど強固ではありません。
三好一門で、実効支配していた阿波・讃岐・和泉・河内の四国を除けば、
他の支配領域は、在地の権力者を一時的に従属させているだけなので、
他に強い勢力が登場すれば、そちらに簡単に靡いてしまうという、
脆弱性があります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる