ここから本文です

労働法を改正したい場合、弁護士としてどのような方法で法改正にアプローチできま...

tam********さん

2019/8/422:46:22

労働法を改正したい場合、弁護士としてどのような方法で法改正にアプローチできますか?また、弁護士が企業の管理職教育をするケースはありますか?

閲覧数:
21
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

鈴木圭史さんの画像

専門家

鈴木圭史さん

2019/8/1119:09:47

弁護士自身が国会議員になることや国会議員の政策秘書になることにより、アプローチは可能です。
企業法務の観点から弁護士が行う管理職研修(いわゆるコンプライアンス教育)は特に珍しいことではないでしょう。取組んでいる企業はありますね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

鈴木圭史さんの画像

鈴木圭史

社会保険労務士

労務リスクの改善のプロ

関西弁で丁寧に対応する社会保険労務士です。 労働相談/過労等の疾病・過労死の労災申請・障害年金申請代理 派遣元責任者講習講師/労働局・労働基準監督署等の監査立会業務 派遣業・職業紹介業の許可申請業務 当事務所では社会保険労務士取得希望者の求人をだ...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる