ここから本文です

65歳で来年度年収500万円見込ですが、年金は、別途受け取ることができますか。

shi********さん

2019/8/1011:16:29

65歳で来年度年収500万円見込ですが、年金は、別途受け取ることができますか。

閲覧数:
84
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yty********さん

2019/8/1015:34:15

65歳以上の方で厚生年金加入の場合、報酬と年金との合計額が一定額以上であれば、やはり年金が支給停止となってしまいます。「在職老齢年金」という仕組みですね。

①「報酬」について。
「総報酬月額相当額」という指標を使用します。
総報酬月額相当額は次の計算式で求めることができます。
「総報酬月額相当額」=「その月の標準報酬月額」+「その月以前1年間の標準賞与額の合計÷12」
②「年金」について。
「基本月額」という指標を使用します。
基本月額は次の計算式で求められます。
「基本月額」=加給年金額・経過的加算を除いた老齢厚生年金本体部分の年金額(報酬比例部分)÷12

そして、この場合、年金支給停止額の計算式は次の通りとなります。
支給停止額={(①41.7万円+②⒳万円−47万円)÷2}×12
仮に基本月額12万円とした場合{(41.7万+12万-47万)÷2}x12=40.2万円
で月額33.5万円が停止額になり86.5万円の減額受給になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tos********さん

2019/8/1107:06:27

年収+年金の合計が564万円以上だと、越えた額の半額が年金から減額されます。

例えば、年収が500万円で、年金が164万円で、合計664万円だった場合は、
100万円越えていますから、半額の50万円が減額され、114万円の年金がもらえます。

jom********さん

2019/8/1013:44:35

老齢厚生年金が月額10万円位だと、月に2.5万円程度減額されると思われます。

年下の妻がいると加給年金が別途年額39万円程度貰えますね。

老齢基礎年金は減額されずに、満額だと78万円程度貰えます。

公的年金控除は120万円なので、超えた分は給与所得と合算されて、課税されます。

お勧めは、基礎年金だけでも受給繰下げですかね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

gte********さん

2019/8/1011:41:02

老齢基礎年金は受け取ることができます。
月収42万円くらいなので老齢厚生年金は在職老齢年金の制度で一部支給停止(減額)になると思います。
標準報酬月額+過去一年間の賞与総額+老齢厚生年金月額(加給年金額、経過的加算額除く)
が47万円をこえると超えた分の半分が支給停止となります。

mor********さん

2019/8/1011:32:41

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる