ここから本文です

年金免除について

アバター

ID非公開さん

2019/8/1012:10:34

年金免除について

自分は非正規で毎月ギリギリの生活なんですが国民年金払え払えと請求が来ます。

月に14万ほどの収入なんですが、私は正社員ではなく非正規なのでここから交通費や健康保険料などを自分で払い、家賃、生活費を払うととても払えません。

以前免除申請しましたが却下で返ってきました。
食費減らしてでも払えって事ですか?

同じ収入でも数年前は免除申請で通ってましたが、ここ最近はそれほど年金運用も赤字で厳しくなってるのですか?

一応まだ30代ですが こんなんじゃ皆んな自分一人で精一杯で結婚や子供なんて考えられないです


口座もほぼお金ないですし、調べて貰ったらないって分かるはずだし
払った額さえ貰えるのか分からないのに食費減らしてでも払うって何のために働いてるか分かりません。

閲覧数:
116
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ゆかさん

2019/8/1013:17:36

非正規雇用を辞めたら?
正規雇用なら厚生年金加入で、楽になります

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tom********さん

2019/8/1209:21:07

全額免除および猶予の所得基準は変わっていません。

現在とおなじ所得で過去に全額免除が承認されているとしたら、理由があるはず。
①過去の所得は今より少なかった。
②過去の所得は現在同様であったが、過去の免除申請時は、前会社を退職したばかりで退職の証明として雇用保険離職票を添付して申請した。退職特例とは本人所得と0円とみなすので、所得が基準を超えていても免除になります。

現在の申請でも退職から3年度目までは退職特例により申請が可能です。
しかし、申請時に離職票の添付が必要です。

一度、却下になったものは再度提出しても同じです。審査内容が変わらない限り、審査済として申請書は返戻されます。
ただし、特例による審査をしていないときは再審査が可能です。

結婚なんて考えられないとありますが、そのとおりです。
国民年金も納付できないような環境であれば結婚なんて無理だと思います。
それは、支払催告の問題ではないとおもいますが・・・
国民年金には死亡による遺族基礎年金支給もあります。しかし、未納であれば納付要件を満たさず請求不可となり、子供を守ることさえも不可能になります。
遺族基礎年金は免除および猶予がきちんと反映していれば支給されます。

こういうことを考えていますか?
真剣に婚姻を考えているのなら、国民年金未納は発生させてはいきない期間なのです。

どうしようみない愚痴を言っても始まりません。
どうしたらよいか真剣に相談するべきだと思いますが・・・
年金事務所に足を運んだことはありますか? ないでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

北斗の男さん

2019/8/1120:18:43

30代ならば猶予できる。
健康保険に入っているなら、厚生年金入っていんじゃないですか?
週30時間以上なら非正規でも社会保険(健康、年金)に加入義務があります。

免除の要件は変わっていないと思います。

食費は生きる活力なので削減しないでくださいね。


あと、年金は保険料以外で半分国庫負担してます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

gte********さん

2019/8/1015:04:26

「同じ収入でも数年前は免除申請で通ってましたが、ここ最近はそれほど年金運用も赤字で厳しくなってるのですか?」
免除の基準は変わっていませんよ。あなたの所得が増えているのです。

「月に14万ほどの収入なんですが、」
それが本当であれば全額免除は無理でも半額免除は十分可能なはずですが。

年収14万×12=168万円
→所得101万円

半額免除の基準は扶養親族がいなくても
所得118万円

101万円から国民健康保険料を引いたものが118万円より低ければよいので十分基準を満たす。

書いていることが変です。

また何にどれくらい使っているのかわからなければ、本当に納付することが無理なレベルなのか共感することはできません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

yty********さん

2019/8/1014:26:54

はじめに、誰の所得で審査するのか?審査対象を確認しておきましょう。
•一人暮らしの単身者:本人の所得のみ
•既婚者:本人と配偶者の所得
•親などが世帯主の独身者:本人と世帯主の所得
一人暮らしの単身者は本人の所得審査のみですが、結婚している方、親と同居で親が世帯主の場合は、本人だけではなく、配偶者・世帯主の所得も審査の対象となります。
単身で前年年収168万円であれば、半額免除になり前年所得141万円(年収227万円)以下に適用します。
単身の方であれば年収120万以下となると年金が全額免除されることになるでしょう。

mor********さん

2019/8/1012:32:49

給与が少ない=能力が少ない、ということが多いんだよね
なので能力を上げればよい

つか30にもなってそれしか貰えず
しかもそれを改善しようと動いていない
その点が問題

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる