ここから本文です

ふと疑問に思ったのですが今年の夏コミでも高額転売が目に付いていましたが(メルカ...

アバター

ID非公開さん

2019/8/1410:29:18

ふと疑問に思ったのですが今年の夏コミでも高額転売が目に付いていましたが(メルカリなどの手数料が発生しその定価が300円だった場合333円で売るのは別にいいとして)例えば定価300円の商品を3000円とか定価以上の値

段で販売した場合なんの記載もなければあれなのかもしれませんが、注意書き、禁止事項として高額転売禁止、転売禁止と記載していれば何かしら処罰の対象にならないのでしょうか?

とても疑問です。

閲覧数:
72
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

774さん

2019/8/1419:45:36

なりません。

規制したいなら現実的な転売禁止の有効期限(おおむね1年が最長)をもうけ、表紙などに一目でわかるよう大きく記載しなければ無効です。
もしくは販売の際に現実的な転売禁止の有効期限(おおむね1年が最長)を記載した契約書を交付しなければなりません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aqu********さん

2019/8/1819:12:30

残念ですが今の所チケット転売禁止法という
チケットの転売に関する法整備しかされていません

それと個人売買に関しては所有物を幾らで売ろうと
御自分の資産の処分の自由が認められてる以上
法整備するのは難しいと思います

ですがチケットも運営側がチケットに指名を明記し
ランダムに本人確認を取るなど売り手の防止対策も
なされつつあります
方向性としては社会が防止に動いてるといってよいと思います

法整備されるまでは同人誌なども販売者が
対策をしていくしかありませんがそれも大した
抑止にはならないかも知れません

ここからは私の希望的な観測ですが
転売の行ってる人達は継続的に儲けを出し続けたいはずです
その度が過ぎるから社会問題になるのですから
売る際の温床になってるツール 例えばヤフオクやメルカリですね
そちらのアカウント登録する際にマイナンバーの入力を
義務付けるよう法整備すれば良いんです

そうすれば現状、税金も自己申告で無法状態のそういう取引
ツールで物を販売してる人からちゃんと税金が取れますし
年間12万以上の利益をあげている人には
古物免許の取得と事業者登録をさせる事もできるはずです
そうすればそういうツールで買い占めなどを行ってる人も
公正取引委員会の監視や指導も行いやすくなります

そこまで行けば線引きがはっきりして
法整備もしやすくなるかも知れません

ただヤフオクやメルカリは国税局のサイバー税務署が
監視している為、その網をくぐろうとSNS等で個人売買
を装って売ろうとする方もでてきていますので
いたちごっこになる事も容易に想像できます

折角便利な個人売買のツールが充実してる世の中に
なったのですから有意義に利用できるよう
悪用する人が少なくなるよう

これからは法整備が
もっとスピーディーになる事を祈るばかりです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

id_********さん

2019/8/1418:54:12

不可能ではないが、本の奥付に書かれている程度だと難しいです。

日本には契約自由の原則があります。
・契約を結ぶかどうかの自由
・契約相手を選ぶ自由
・契約内容を決める自由
・契約方式の自由
これらを自由に決めることが出来るというのが契約の自由です。
コミケでの同人誌の頒布も法律上では売買契約という立派な契約行為です。

同人誌の頒布に転売禁止の項目を加えるのは契約内容を決める自由として、認められる可能性が高いです。
契約自由の原則は相手側(同人誌を購入する一般参加者)にもあり、転売禁止に納得した上で契約を結んでいます。
そのうえで転売を行った場合、債務不履行として民事で訴えることが可能です。

ただし、契約自由の原則というのは無制限に認められるわけではありません。
同人誌を購入したなら、その同人誌は購入者の財産です。
基本的に自分の所有物をどう扱おうが所有者の自由で、処分しても、売っても自由ですが、財産権を制限する契約もまた有効で、実際にそういった契約もあります。
しかし、財産権の制限を無制限に認められているわけでもありません。
無期限に売るな、処分したければゴミとして出せ、というのはいくら何でも認められないと思われます。
また、転売したら罰金1兆円ですというのも、合理的な範疇を超えているとしか思えません。
転売禁止の項目は法的にも有効だと思いますが、期限や罰則などが合理的な範疇であればの話です。

本の奥付に書かれている程度の項目にどの程度の有効性があるのかが疑問です。
同人誌を購入する時に奥付をわざわざ確認しないですし、大手など混雑時はまともに確認なんて出来ないですよね。
相手が契約内容を知ることが難しいとなるとどこまで有効なのかと思います。
ただし、契約方式の自由で口頭による契約も有効ですし、絶対に無効だとまでは思いません。
相手が納得していたかを証明するとなると水掛け論になるとは思います。

あと、古物営業法で引っかかる可能性もあります。
転売は使わなくなった私物を売る程度なら適法ですが、商売として転売をするなら許可を取らないと違法になります。
古物営業法には刑事罰もあります。

みずほさん

2019/8/1410:42:49

中古品の転売は違法ではありませんので、処罰の対象にはなりませんし、出来ません。
サークルが幾ら「禁止」と書いたところで、法的な拘束力は全くなく、「お願い」に過ぎません。

出来る事と言えば、転売されている物品をサイト運営者に「この物品は不当な価格で高額転売されてます」と通報するくらいです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

acd********さん

2019/8/1410:42:11

転売そのものは適法です。
購入した時点でその品物の所有権は買った人に移っているので、それをいくらで売ろうがその人の勝手です。
需要があるものに高い価格がつくのは正常な市場の原理です。

ただし商売として転売をやるなら古物商許可が必要ですし、チケットに限り高額転売は違法化されました。

man********さん

2019/8/1410:37:00

契約違反に当たるかもしれませんが売る方も買う方も法律的には無問題!!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる