ここから本文です

フルサイズ機とAPSC機のカメラの値段の差について

アバター

ID非公開さん

2019/8/1612:26:32

フルサイズ機とAPSC機のカメラの値段の差について

わずかなセンサーサイズの差でこんなにも値段が違うものですか?

閲覧数:
212
回答数:
22

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jya********さん

2019/8/1703:00:40

本当にその通りですね。
自分もよくそう思います。

APS-Cのエントリーモデルが数万円で売られていますが、
フルサイズのエントリーモデルも、10万円弱くらいで出して欲しいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/21件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

roo********さん

2019/8/1701:05:34

フルサイズ機の受光素子はAPSC機の1.6倍の寸法があります。
これは直線の寸法なので、立体物としては1.6の3乗で、約4倍の容積比となります。
実際にはそこまで違わないでしょうが、だいたいお値段の比に合致してるでしょう。
まあ、この計算は単なるお遊びです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

ELEPHOTOさん

2019/8/1700:31:14

まずセンサーの面積が2.3倍ほと違います。
1枚のシリコンウェハーからセンサーを切り出すと フルサイズなら10枚でもAPS-Cなら23枚取れます。もし1枚のセンサーに不良品があればフルサイズは9枚残りAPS-Cは22枚残ります。歩留まりはフルサイズ90%ですがAPS-Cなら96%です。それだけ小型センサーのほうが面積比以上に安く作れます。
大きなセンサーに光を当てるにはレンズを大きく重くしなければならず、それを支える鏡胴やモーターも速度や精度は維持してより強力なものが必要になります。またボディの剛性や耐久性も求められます。
だいたいフルサイズ機を使う人はそういう速度や精度、耐久性にシビアですから、大きく重くても遅いのは許してくれません。だから手抜きができないのでどうしても値段が上がります。

2019/8/1619:55:48

僅かと感じるかは人それぞれですが、APS-Cとフルサイズではセンサーの面積で倍違います。

APS-Cとマイクロフォーサーズの差の方が僅かです。

そしてAPS-Cとフルサイズで価格的に違うのはレンズの価格の方が大きいかも知れません。

mar********さん

2019/8/1619:48:03

センサーの差も有りますが、フルサイズになるとスペックや耐久性の高いモデルが増えてきます。どちらかというとカメラ自体の性能で値段が変わります。APS−Cでもハイアマチュアモデルは高額です。

nip********さん

2019/8/1619:16:11

昔はそうですが、今は中古含めたらフルサイズなのに安いカメラなんか沢山ありますよ。初代5Dなら2万位で買えますよ。最新のapsより安いです。そのうちフルサイズなんて10万以下で普通に買えるんじゃないかな。現行の6D2も10万少しです。ミラーレスのRPも15万前後です。後センサーサイズは僅か違うことはありません、結構大きさが違います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる