ここから本文です

音楽史と世界史が好きで、色々と勉強してみている者です。 世界史の文献を様々...

sun********さん

2019/8/1616:48:24

音楽史と世界史が好きで、色々と勉強してみている者です。

世界史の文献を様々見ましたが、なぜ必ず中世・ルネサンスの音楽には全くと言っていいほど言及がないのでしょうか?

高校世界史の教科書や資料集はまあ仕方ないにしても、どんなに立派で分厚い本を購入しても、例えば講談社のクロニック世界全史という定価17000円・1300ページを超えるような本であっても、ヴィヴァルディは出てきますし、グレゴリオ聖歌や吟遊詩人は出てきますが、その間がすっぱりと抜けています。マショーもダンスタブルもデュファイもジョスカンデプレもパレストリーナもモンテヴェルディも全く出てきません。

美術史や建築史は一応途切れずに言及されていますので、なぜ音楽だけ妙に冷遇されているのか、気になって仕方がありません。

これは日本だけの現象なのでしょうか?ヨーロッパでも、歴史書の文化史では音楽だけ冷遇されているのでしょうか?

日本だけだとしたら、なぜこんなことになってしまっているのでしょうか?

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q112119818...
の中でご推薦いただきました。もし可能であればご教示いただけないでしょうか。

補足https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q102123200...で最後っ屁のような返信ののちブロックされてしまいましたので、ここで突っ込んでみます。

「趣味の異なる人とのやり取りは時間の無駄」ならば、そもそも知恵袋で回答する意味がないんじゃないですか?自分への礼賛質問者としかやり取りをしたくないということですか?ただの俺様じゃん、それ。

「ショスタコーヴィチの交響曲第5番は、音楽家といえど時の社会・政治の影響から自由でいることはできないという例である」と言ったら、なぜ「クソ教授」と言う評価になるのですか?自分の勝手な理想を否定する発言は、大学教授と言えど、存在してはならないということですか?

「某大手電機メーカーから長期でアメリカ(主にボストン)に出向していた」優秀と思われる方にしては、ずいぶんと器が小さく、偏狭で不寛容で、合理的な認識に欠けるように見えます。

ヴァイオリンマークの方に粘着するのがそんなに大事ですか?私に言ったように「お前ごときが一人で吠えても誰も相手にしない」と悪態をついておわりにした方がよほど生産的じゃないですか?

閲覧数:
91
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sim********さん

2019/8/2000:44:26

中世・ルネサンスの音楽は、音楽史にはあっても、世界史にはないでしょうね。

クラシック音楽は専門分野です。

音楽史については、ガッコ(音大)で習って下さい。

  • 質問者

    sun********さん

    2019/8/2017:06:13

    たびたび、ご回答ありがとうございます。

    私の勝手な言い分かもしれませんが、例えばビザンツ帝国のイコン画だったり古代と中世とルネサンスの三美神の描かれ方の比較だったりが重要なのと同程度に、グレゴリオ聖歌とオルガヌムとマショーとパレストリーナとルターの違いはキリスト教の文脈でも時代精神の反映という意味でも重要ではないか、と思ったまでです。

    クラシックが専門的であることは否定しませんが、一般の方が「グレゴリオ聖歌とオルガヌムとマショーとパレストリーナとルターの違い」を知る機会くらいはもっと保証されてもいいのではと思うのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる