ここから本文です

がん保険などで見る”先進医療”というのは、症状が重い場合に必要になるものですか...

hak********さん

2019/8/1701:52:24

がん保険などで見る”先進医療”というのは、症状が重い場合に必要になるものですか?早期発見のがんの場合に先進医療が使われることはないと考えてokですか?

閲覧数:
161
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

car********さん

2019/8/1714:37:14

厚生省が認めた限定的な治療のみが先進医療に当てはまります。近年では遺伝子検査で効く可能性のある抗がん剤を調べる治験がこれに該当しました
他は臓器や状況で指定されているのでほぼ先進医療に該当するものを受ける機会はないと思われます
それよりも保険適用外の抗がん剤を使うなどの自由診療(保険が利かないので十割負担です)が長期化すると使わざるおえなくなるかもしれません
どちらも通常のがん保険だけではカバーできないものもありますのでお金に余裕があるのなら特約等でプラスしておくのもよいと思われます

先進医療 | 国立がん研究センター 中央病院
ttps://www.ncc.go.jp/jp/ncch/d001/info/innovative_medicine/index.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ポセさん

2019/8/1712:46:06

先進医療とは症状の重い軽いではなく、その疾病の治療法のひとつです。優れた新しい治療法ですがまだ健康保険の対象ではないため、負担は高額になります。癌の重粒子線治療・陽子線治療や、白内障の多焦点眼内レンズなどが代表的です。
癌の粒子線治療については、癌の種類や、放射線治療の有無など条件がありますが、早期発見だから使うor使わないというよりも、どの治療法が最良かを主治医と患者で決めるのだと思います(費用も含めて)。
①外科的手術、②抗がん剤、③放射線治療、に続いて先進医療の④粒子線治療が現れた訳ですが、最近は⑤免疫治療(オプジーボ)も注目されています。
先進医療の保険に入っているかどうかで治療の選択肢が増えるように、がん保険(特約)に入っているかどうかで免疫治療も選択肢に加わります(健康保険も先進医療も対象外)ので、準備はしておいた方が安心です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nag********さん

2019/8/1710:29:00

ちょっと違います。

検査でも先進医療はありますから、重い軽い、早期末期などとは違うように思います。

今回の質問は、ガン治療の陽子線などについて?だと解釈して回答します。

ガン治療の陽子線などはピンポイントでの治療になります。

あちこちに転移した末期ガンには当然使えません。
よって転移のない早期でも使われるでしょう。

て、先進医療は…
保険適用にさせて良いか?を評価されている治療です。

先進医療の行き先は…
保険適用の技術になるか?
先進医療から削除されるか?
ほぼこの二択になります。

安全性や有効性がどうか?
判断しているのです。

だから、先進医療を行う施設も決められて、その報告を受けているのです。

みどりさん

2019/8/1701:58:47

先進医療は癌だけとは限りません。

https://www.sonysonpo.co.jp/md/m_gde004.html

先進医療のリストです。

https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html

また、受けられる医療機関が限られています。

https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan02.html

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる