ここから本文です

減価償却とは・・経理?とかまったくわかりません。 簡単にわかりやすく教えてい...

imf********さん

2008/12/715:10:33

減価償却とは・・経理?とかまったくわかりません。
簡単にわかりやすく教えていただけませんでしょうか?

ビルの管理をしております。
設備機器の耐用年数がすぎているので
建物のオーナーにプラスになる情報をと思いネットで探しておりましたら
下記のような文面を見つけました。
法定耐用年数がすぎていれば設備に資産価値がないということでどのようなデメリットがあるのでしょうか?

減価償却が完了又は完了時期が近い場合は、再投資の検討となります。
税務上の利益圧縮の為には、再投資が有効となります。(再投資額が、利益で減価償却できる範囲になりますが、どちらにしろ機器が故障した場合は修理・交換が必要になるので、なんらかの手を打つしかありません)

閲覧数:
3,502
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ktm********さん

2008/12/715:50:31

資産の中で毎年少しずつ価値の下がる物を減価償却資産と言います。機器類などは使っている間に劣化していき或る程度の年数(法定耐用年数)が経てば無価値になるという考え方です。
従って、減価償却資産の購入費は購入年度に全て経費になるわけではなく、法定耐用年数の期間をかけて毎年少しずつ経費に計上します。
勿論、法定耐用年数と実際の使用年数が一致するわけでもありませんが、新たな減価償却資産を購入すれば減価償却費が計上できるので、その分だけ税法上の利益が減少します。この部分は現金で手元に残ることになります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「減価償却とは わかりやすく」の検索結果

検索結果をもっと見る

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる