ここから本文です

増資時の登記に関する質問です。会社の設立登記では添付資料に定款を付けますが、...

nbg********さん

2019/8/2322:47:12

増資時の登記に関する質問です。会社の設立登記では添付資料に定款を付けますが、増資登記する際にも変更した定款を付けるのでしょうか(ネットでは増資時の手続きが見つからなかったので質問させてもらいました)。

設立時に添付する定款の付則には出資者(発起人)の出資額や持ち株数が記されますから、増資時にも誰が出資したのか明記しておくために定款の改訂版が必要なのだろうと思ったのですがその必要はないような解説もあってよく理解できていません。

具体的には、発起人2人の小さな会社で、その一方が追加資本を出すのですが、そのことを定款に反映する必要がないとなると、公的な証拠として追加出資者の名や出資額はどのように残るのでしょうか。よろしくお願いします。

閲覧数:
17
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fre********さん

2019/8/2619:04:26

質問者さんのケースでは定款添付は不要です

増資にかかる株式発行分の決議の株主総会議事録と
総数引き受け契約書と払い込み証明書と
資本金の額が会社法及び会社計算規則に従って計上されたことを証する書面
以上ですかね…。


株式会社の場合は、誰が出資したとかは登記しないんですよ。
会社の登記簿を見てください。発起人の氏名とかいくら出資した
とかは登記されてないでしょう。


会社法に則って出資されて、株式発行されたという
事実が証明できればいいんです。

株式会社は、出資の都度、定款を変える必要はないんです。
定款に資本金を定めている場合は、定款の変更の決議は必要ですが
登記申請時に定款添付は不要です。

公的な証明として出資者や出資額は残るのか…ですが
株式会社では残りません。株主名簿くらいかな。
株式会社は、株主(出資者)が1000人とかいる場合もありますから
その1000人の住所氏名を公示することはありえません。
そんな、電話帳みたいな登記謄本なんて見たくもないしね…w

  • 質問者

    nbg********さん

    2019/8/2714:13:05

    有難うございました。確かに登記簿には出資者はありません。設立時の定款付則にあるだけで、増資時はどうなるのかという疑問でした。よく理解できました。m(__)m

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/8/29 13:35:34

登記上は設立時に定款付則に記載するだけなのですね。詳しく解説有難うございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる