ここから本文です

戦前や戦時中に行った貯金は戦後どうなったのでしょうか。

tom********さん

2019/8/3117:15:40

戦前や戦時中に行った貯金は戦後どうなったのでしょうか。

標題のとおりですが、私のひいおばあさんが「戦時中に貯蓄奨励という運動があって、
国民みんなが貯蓄をしたが、戦後パアになった」ような話をしていたらしいのです。
私は直接聞いていないので、真偽のほどはわかりませんが、確かに敗戦国となった
日本に貯蓄を利子をつけて返す力などないように想像はできます。

戦前や戦時中に行った貯金は戦後どうなったのか、ご存知の方がいればご教示願いたい
と存じます。

閲覧数:
27
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

komutai_tkさん

2019/8/3117:44:06

財産税という税によって、
現金預金・株・不動産などに対して、
所有額の25~90%の税金が課されました。

同時に、旧円から新円へ、
通貨の切り替えが行われました。
お金を隠していても使えなくなるぞ、
というわけです。

ただ、敗戦により、
円の価値自体が下がってしまったため、
(物価が高騰したため)
切り替えた新円も、
あまり生活の足しには
ならなかったと思います。

  • 質問者

    tom********さん

    2019/9/601:42:50

    大変よくわかりました。
    皆様、ありがとうございました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

species5619さん

2019/8/3117:36:30

新円切替にともなう預金封鎖で、預金の引き出しが制限されました。

それまでの預金の残高は旧円とされて当面の生活費ぐらいしか引き出せなくなり、残りは財産税として国に取られる形になりました。


詳しくは、戦後のハイパーインフレーションとか預金封鎖とか新円切替で検索してみてください。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる