ここから本文です

ボルダリングやクライミングのプロって文字通り血が滲むほど登ってるって本当です...

アバター

ID非公開さん

2019/9/114:07:11

ボルダリングやクライミングのプロって文字通り血が滲むほど登ってるって本当ですか?

やっぱりプロでいるためにはそのぐらいやらないと駄目なんですかね?
楽しいだけではダメなんでしょうか。

閲覧数:
72
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pkn********さん

2019/9/116:59:42

プロでなくてもちょっと真剣にクライミングに取り組めば、血が滲みます。
それでも楽しい、と感じられる人が、抜け出てくるのだと思います。メンタルの比重が大きく、嫌々やっていて伸びるスポーツではありません。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/9/802:27:37

    「いやプロじゃなくても血は滲むよ」と欲しかったツッコミを最初に書いたのでベストアンサーです

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ボルダリング」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fjm********さん

2019/9/206:44:54

本当ですよ。
楽しいだけで十分&それ以上はないです。

アルパインクライマーは野球やサッカー&ボルダリングとはちと異なる。

血のにじむ努力でプロになった、または、維持しているのでなく
好きなことをやっていたら血がにじむし怪我もするだけ。
最悪命もなくすだけ。

目的がプロ(職業・金)では命は懸けられない。

命を懸けても、楽しいのですよ。
命を懸けて楽しさを追求しているのですよ。
お金(プロ・職業)はおまけです。

と思う。

mhg********さん

2019/9/206:02:01

別にプロじゃありませんが、ある程度以上真剣に取り組んでたら血ぐらいに染みますよ。私は学生時代、指に指紋がありませんでした。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yosino tosioさん

2019/9/203:59:24

プロクライマーの方のお話を何人か聞いた事があります

皆さん骨盤にヒビいれたり、肩を脱臼したり、指の健を切ったり、確かに怪我と付き合いながらやっています

そのぐらいやらないと、駄目みたいです

かく言う私も、ただの趣味でやっているだけですが、足首を捻挫したり、肩の健に傷を入れたりと懲りないです

ただし皆さんとても、楽しんでいます
苦しいのを我慢してやっているのではなくて、クライミングが楽しくておれなくてので、のめり込む感じです

プロのスポーツ選手は、コーチと選手の二人三脚で苦しい練習をコーチが支える図式が定番ですが、クライミング競技はずっとコーチ不在で選手が大好きな事をやっているだけで、コーチの下で練習を積んでいる海外の選手相手にワールドカップの上位を保っています(優勝者も居ます)

最近はオリンピックの公開競技に成ったので世間の知る所となっておりますが、それまではマイナースポーツゆえ、ワールドカップで勝っても世間から注目もありませんでした
したがって、名誉も栄光も無し

プロクライマーの皆さんは、苦労を屁とも思わず、単に好きでやっているだけです

プロフィール画像

カテゴリマスター

mat********さん

2019/9/122:05:51

努力する人は恐れるには当たらず、誰でも出来ます。
同じ事しても楽しんでいる人を恐れるべきです。

プロフィール画像

カテゴリマスター

max********さん

2019/9/117:24:39

登山ではないですが、あるプロの方はこうおっしゃっていました

「血が滲んでからが本当の練習」
「そこまでは誰でもできる」

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる