ここから本文です

マスタを製作する方法である「三面擦り合わせ」とはどのような加工か詳しく教えて...

yku********さん

2008/12/919:40:37

マスタを製作する方法である「三面擦り合わせ」とはどのような加工か詳しく教えて下さい。よろしくお願いします。

閲覧数:
6,202
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tom********さん

編集あり2008/12/1117:32:04

三枚すりあわせ法は基準定盤を作る際に持ち合わせた技法で、この技法を用いると3枚一組の定盤ができる方法です。
発見者名はわすれてしまいましたが1700年代ぐらいの産業革命時代にすでに確立されていたという文献を読んだことがあります。
ほうほうは三枚それぞれA.B.Cとしますと、A-B(AにあわせてBをすり合わせ切削)、A-C(AにあわせてCをすり合わせ切削)、、B-C(BとともにCを同時すり合わせ切削)、、B-A(BにあわせてAをすり合わせ切削)、、C-A(CにあわせてAをすり合わせ切削)、、A-B(AにあわせてBをすり合わせ確認および切削)、これを何回かくりかえしA,B,Cの定盤の当たりが均一になるまで行います。切削とかきましたがキサゲという技術で平面の高いところだけをミクロン単位で削って仕上げます。どのように高いところを調べるかというと、平面に光明丹という赤い色素をぬり平面同士をこすりあわせて調べます。
以上、つたない説明ですがご参考までに。

昔の参考書が見つかりましたので詳しく補足します。
発見者ですがイギリスのJoseph Whit worth氏が1840年発表したそうです。作業方法ですが機械加工されたABC3枚の定盤を第一工程でAとBをともずりあわせ、第二工程でBはそのままにしてAを基準にしてCをすりあわせ、第三工程でBとCをともずり合わせ、第四工程でBを基準にしてAをすりあわせ、第五工程のCとAをすりあわせして完全な状態なら正確な平面ですが、完全でない場合、今の工程を繰り返し作業いたします。以上、ご報告いたします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる