ここから本文です

何故「新幹線」と言う名称が定着したのでしょうか?

tor********さん

2019/9/118:13:52

何故「新幹線」と言う名称が定着したのでしょうか?

建設時点では「弾丸鉄道」と呼ばれていたとも聞きますが…

閲覧数:
60
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

gus********さん

2019/9/118:24:50

1964年に制定された東海道新幹線鉄道における列車運行の安全を妨げる行為の処罰に関する特例法による呼称です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yom********さん

2019/9/210:00:36

弾丸列車は戦前の構想です
東海道新幹線はその用地を転用していますけど、基本的には東海道本線の増線
幹線の新しいと言う意味で新幹線です
まぁ海外の人からもシンカンセンと呼ぶようですから、世界中に認識されたのでしょうね

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/9/118:35:46

弾丸鉄道計画は戦前~戦中の計画で陸軍省があった市ヶ谷駅から朝鮮半島を通って満州の首都新京までを結ぶ鉄道網の計画で、結構軍事色の強い物です。
日本国内では大半の土地収用と一部トンネルが着工されていますが、大東亜戦争の戦況の悪化で工事が中断されてます。
戦後の復興期に東海道線の輸送力逼迫に対応した東京-大阪間の線増を目的とした"東海道新線"計画が新幹線計画の原名でこの計画は戦前戦中に計画した"弾丸列車計画"で放置されていた土地と建設途中だった施設を流用したもので、直接的には関係は無いのですが、まあ、計画担当者の島秀雄氏が"弾丸列車計画"を計画した島安二郎氏の息子でしたから、関係性があると言われているだけです。
新幹線という様になったのは、"東海道新線"というよりも"東海道新幹線"と言った方が言いやすかったことと、"弾丸列車"には大陸侵略目的の色がついている事、新幹線という地名が弾丸計画に基づく新丹那トンネルの工事関係者の飯場があった三島にあるように。弾丸列車計画=新幹線という認識が昔から有ったからでしょうね。

珍快速さん

2019/9/118:35:33

弾丸列車というのは、戦前の高速鉄道計画の名称です。

「新幹線」という名称が初めて登場したのは、昭和14年に鉄道大臣官房幹線調査委員会第一分科会による「広軌新幹線貨物輸送関係説明書」というものが最初だと言われています。
弾丸列車の計画は一部実行に移されて、土地の買収や新日本坂トンネル工事(完成済みで現在の東海道新幹線が使用中)、新丹那トンネルの工事などが行われてます。新丹那は戦況悪化で途中で中断しましたが、東海道の工事で再開し完成ですね。

戦後の昭和33年になると、国鉄内部で「新幹線」という言葉が使われるようになったそうです。
その年の4月に「新幹線建設基準調査委員会」というものができて、これが(戦後の)「新幹線」単語が公式に使われたということのようです。

国鉄内部で「新幹線」という名称を定着させたのは、おそらく当時の十河信二総裁や島秀夫技師長だと言われています。
「新幹線」として営業を開始したので、利用者も当然「新幹線」という言葉も用いるようになったでしょう。

nin********さん

2019/9/118:32:23

建設時点から新幹線でしたから。 弾丸列車計画の呼称は戦前の話ですね

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる