ここから本文です

血統、コースわかる方へ。

kei********さん

2019/9/901:00:03

血統、コースわかる方へ。

中山ダート1800にて、ある期間内でシニスターミニスター産駒が複勝率32.3%
アグネスデジタル産駒が複勝率48.3%


みたいなんですが、


「それぞれ、
中山が合うという、理由の解説」ってできますか?


ボールドルーラー?


また、アグネスの方は、
中山芝でも重宝はされますが、
中山芝=ダートという考えは適用できますか?
簡単には出来ないですか?


詳しく教えてください。


お願いします。

閲覧数:
39
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

DAさん

2019/9/917:31:29

中山のダート1800mは超タフなコースです。スタートしてから2コーナー入口まで、テン争いする区間はダラダラと4.4mの上り坂です。スタートで大きな消耗をしてしまうんですね。だから後半も「一般的な伸びてくる馬」より「よりバテずに伸びるor持続出来る馬」が掲示板に載ります。

確かにシ二スターミニスターは上位ですね。このコースはアメリカのA.P. Indy系は得意です。タピットやパイロも同グループですね。他のボールドルーラー系の種牡馬とは別で考えた方が良いです。

アグネスデジタルは???です。集計区間内によく馬券になったのでしょうか。

それより何より中山のダート1800mはキングカメハメハ天国ですよ。このコースでこの種牡馬はホントにつよいです。

アグネスデジタル産駒の芝適性ですが、残念ながら全体見渡しても低いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

エ○市民さん

2019/9/922:25:26

非社台系牧場の繁殖

その2頭を着ける生産者は非社台系牧場、となると、日本古来の在来牝系または社台Gのお払い箱繁殖牝馬の末裔となる、ということは「在来牝系の逞しさ」または「ノーザンテースト内包」「ジェイドロバリー内包」「リアルシャダイ内包」「トニービン内包」となる可能性が高い。

中山競馬場のダート1800コースは、タフさも要求される、そこにマッチしている繁殖牝系とは現在のクラッシック一辺倒的な社台Gの繁殖牝馬より、2世代以上昔の血脈が有効になる。

シニスターミニスターは勿論ボールドルーラー系、ボールドルーラー6×5×6も然ることながら、ヴァイスリージェント経由でノーザンダンサー内包だがクロスが発生しておらず、マイバブー(パーソロンの親)、プリンスリーギフトも内包していて、日高Gに多く居る繁殖牝馬と血脈が応呼し易いと推測している。

アグネスデジタルって阪神ダートが得意というイメージだけど、中山もこなしているのであれば、デジタル自体はアウトブリード配合で内包している血脈はバラエティに富んでおり、中山ダート1800の複勝率がいいのであれば、アグネスデジタル自身もユニコーンSの勝馬、ミスタープロスペクター、ダンジグ、セクレタリアト(ボールドルーラー直仔)が日高Gの繁殖牝馬と応呼しやすいんでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる