ここから本文です

岡山県から転出した際に、不動産から賃貸退去精算明細書が届き、その中の請求金額...

nam********さん

2019/9/413:37:35

岡山県から転出した際に、不動産から賃貸退去精算明細書が届き、その中の請求金額欄に敷引1ヶ月というのがありました。
請求金は敷引5万、原状回復費10万。
預り金(敷金)5万。
敷金が返ってこないという風習について

は契約書にも書いてありましたが、敷引を請求されるのはおかしいのではと思い、投稿しました。
請求金額は10万でしたが、私は5万で良いのではないかと考えています。

補足契約書には敷金は戻りませんとの記載はありましたが、退去時に敷引を請求しますとの記載はありませんでした。
敷金が戻らないというものが敷引に当たるものと勝手に考えていました。

閲覧数:
75
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

パパスさん

2019/9/415:20:42

不動産屋です。
この様な場合は、法律的にどうなのか?という事になります。
賃貸借契約書や重要事項説明書を見てないので一概には言えませんが、限られた情報で判断すると、契約書に「敷金は戻りません」と明確に記載されてるのであれば、それは敷引という名目での請求が適切かどうかは別として、敷金5万円は返ってきません。また、金額的にも特段、高額とも言えないと思います。
敷引き特約で争われた最高裁判決で「契約書に敷金は賃借人に返還されないことが明確に読み取れる条項が置かれており、特約高額に過ぎる金額でなければ、消費者契約法10条により無効であるということはできない」
という判例があります。つまり、敷引きと言う名目関係なしに、敷金は返らないという事です。

次に原状回復費用10万円。どちらかと言うと、こちらを、つついた方が良いかと思います σ(^_^;) まず、その10万円の内訳は示されてるのでしょうか?例えば

室内クリーニング→◯◯円
クロス張替え→◯◯円

みたいな感じて。その内訳次第では、貴方が払わなくても良いものも含まれてる可能性があるので、そちらを考えてみてはどうでしょうか。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

apu********さん

2019/9/413:50:08

入居当初に大半は敷き引き分の請求があったと思うのですが、退去の際に改めて請求があったんでしょうか?
例を挙げると、初期費用に、敷金5万円。敷引き分5万円。
そして礼金やら仲介費が加算されての請求になってたのでは?と思うのですが。

敷金は基本は、家賃などが遅れた場合に充てるために取られるため、退去の際は遅れが無かったら返金扱いです。原状回復に充てる事も出来ますけどね。

逆に敷き引きというのは、礼金に近い扱いで、返金されない上に退去の際は別途原状回復のために請求されるというのはあるんですが…。

どうでしたか?

プロフィール画像

カテゴリマスター

yas********さん

2019/9/413:47:11

これは習慣なんで、地域ごとの約束に従うしかないですね。
礼金を取らない変わりに敷引きをする習慣の地域なのでしょうかね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる